一昨日、マラソンに備えて筋トレを少しばかりしました。
ダンベルを持って体幹を鍛えました😤

今朝、走ろうとしたら筋肉痛で思うように走れません😂
やっぱり体がなまっているようです。

腰の筋肉痛

遅発性筋肉痛

筋肉は運動することによって筋肉痛になります。

こういった運動後に遅れて出てくる筋肉痛は遅発性筋肉痛と言います。

そうです!筋肉痛は1〜2日後に出てきます。

遅れて出るのは理由がありますよ!

筋肉痛が遅れて出る理由

運動することは筋繊維に小さな傷をいくつもつけます。

この小さな傷は炎症の原因物質を出します。

なので運動中、直後にはすでに筋肉は傷つき、炎症を起こしています。

でも、痛みは感じていません。

この傷ついた筋繊維には痛みを感じる細胞はありません!

痛みを感じる細胞があるのは筋肉の表面を覆う筋膜だけです。

筋肉の内部の組織が傷つき、炎症物質を出し、ある程度の量になって、ようやく筋膜を刺激して痛みが出ます。

歳をとるほど筋肉痛は遅く出る

よく言われていますね😔

私も一昨日の筋肉痛が今朝出たのは歳のせいかもしれません🤔

これはいろんな説があり、よくわかっていません。

ただ、炎症物質を筋肉の中を巡らせるのは毛細血管です。

部分によっては毛細血管が少ないところがあります。

それは普段使っていない筋肉です。

あまり動かしていない筋肉は毛細血管の巡りが退化しています。

歳をとってあまり運動をしないと筋肉の中の血管が巡らなくなり、筋肉痛になるまで時間がかかっているのかもしれません。

結局、歳のせい、運動不足、血行不良などのせいでしょうね。

あ〜 やっぱり・・・ 👊

ランニングで筋肉痛

筋肉痛になりやすい運動

この遅発性筋肉痛(一般に言われる筋肉痛)は伸張性運動がなりやすいです。

伸張性運動と言われても分かりにくいでしょうが、筋肉を引き伸ばしながら力を入れる動きです。

ランナーの皆さんに分かりやすいのは下り坂でのランでしょう。

足で踏ん張りながら、いわゆるブレーキをかけながらの走りです。

この走りが筋損傷を激しく起こします。

トレランや坂道ランでは筋肉痛にすぐなりますよね!

筋損傷と超回復

筋損傷というと悪いことのように思う方も多いでしょうが、トレーニングでは大切なことです。

微細な筋損傷を起こすと、時間とともに回復し、それまでよりも少しだけ強く、太くなります。

これを超回復と言って筋肉を太く、いい筋肉にするために必要なことです。

筋肉痛を起こした筋肉は前より丈夫になりますよ💪

遅発性筋肉痛の痛みをなくす

遅れて出てくる筋肉痛、つまり遅発性筋肉痛はトレーニングの過程では必要なものです。

でも、痛いですよね😭

マラソンの後の筋肉痛はひどいですよね👎

でもこの痛みにはハリ治療が効果的ですよ!

特に筋肉痛がピークになる前にハリをすると驚くほど良く効きます✌️

マイクロカレント(微弱電流)療法も効果的です❗️

古来からお灸も歩いたり走ったりの筋疲労を回復させるための方法でした。

筋肉痛になりそうな時、マラソンの後、ハードな筋トレの後、ぜひお越し下さいね😊

痛みを克服

マラソン前のメンテナンス、走った後の疲労回復、ランニングでの痛みなどお気軽にご相談ください。

橋本接骨院はランナーの皆様を応援致します。

姫路市小性町290-3船場西ビル1階

℡ 079-298-2541

月~金 8:30~12:00 15:00~20:00

土   8:30~14:00

日・祝日休診