梨状筋の痛み

お尻に痛みがある場合、考えられるケガは

  1. ハムストリング筋・腱付着部炎
  2. 梨状筋症候群
  3. 腰椎椎間板ヘルニア

この3つが考えられます。

ハムストリングス筋・腱付着部炎はマラソンやサッカーなどスポーツで痛めるケガで、原因がはっきりしている場合がほとんどです。

判別が難しいのが梨状筋症候群と腰椎椎間板ヘルニアです。

梨状筋症候群

梨状筋

この梨状筋症候群も腰椎椎間板ヘルニアも坐骨神経痛の症状が出る疾患です。

どちらも片側の足の痛み、しびれと痛みが主な症状です。

ハムストリングス筋・腱付着部炎では痛みだけでしびれはありません。また、痛みもお尻だけに限局されています。

坐骨神経は梨状筋の下を通っています。

そのため、梨状筋の筋肉が緊張すると坐骨神経が圧迫されやすい構造をしています。

梨状筋症候群の原因

ランニング中や長時間イスに座ることで梨状筋は圧迫されやすいです。

お尻の打撲、股関節のケガや手術からも発生しやすくなります。

梨状筋症候群の症状

お尻を押さえる

  1. お尻の痛み、しびれ
  2. イスなどに座っていると痛みが強くなる
  3. お尻を押さえると痛みとしびれが出る
  4. 膝を内側に回すような股関節の動きで痛みが強くなる(股関節を直角以上に曲げていない状態に限る)

梨状筋症候群と腰椎椎間板ヘルニアの違い

どちらも神経が圧迫されて症状がおきます。

それがお尻で圧迫されるか、腰で圧迫されるかの違いです。

腰椎椎間板ヘルニアは急性期では腰の激痛など腰の症状がはっきりと出ますが、慢性的な椎間板ヘルニアの一部には腰に症状が出ずに、お尻や脚だけの症状しか出ないケースが多々あり、様々な検査でも判別が困難な場合が多いです。

そのため椎間板ヘルニアの診断を受けていても、実はその痛みは梨状筋症候群の痛みであったというケースは多いです。

いつまでも改善されないお尻の痛みのある方、ランニング中にお尻が痛い方、イスに座っているとすぐにお尻や脚が痛くなる方は梨状筋症候群の可能性があります。

そのような症状でお悩みならご相談くださいね❗

自宅で出来る治療法

梨状筋をほぐす

テニスボールでほぐす

テニスボール等を痛い側のお尻の下に置いて、ゆっくりと動かして痛いところの梨状筋をほぐします。

筋膜リリース

専用の器具も当院で取り扱いしています。

気になるところを転がしてほぐす「boneboneリリースボール」

筋膜をほぐすなら「GRIDフォームローラー」

受付にて気軽にお問い合わせください。

ストレッチ

梨状筋のストレッチ法は数種類あります。

自分に合った方法で、気持ちの良いやり方を選んでくださいね。

1イスに座ってストレッチ

イスに座って足を

イスに座って膝の上に足首を乗せる。

体を前に倒す

膝と足首を両手で押さえながら体を前に倒す。

この時背中はまっすぐ伸ばしたままで倒してください❗

20秒間ストレッチします。

2大臀筋と梨状筋を伸ばす

股関節90度

仰向けに寝転がり、股関節を90度に曲げて脚を横に倒す。

手で膝を床に押し付け、反対の手でお尻を引き上げるように押さえる。

20秒間ストレッチします。

3梨状筋を伸ばす

梨状筋を伸ばす

仰向けで股関節90度に曲げ足の裏を反対の脚横側で床につける。

手で膝を引っ張り、お尻が伸ばされて気持ちの良い方向に角度を変えながらストレッチする。

4股関節を伸ばす

股関節を伸ばす

床に座った状態で、両足の裏を合わせて、両手を前方に投げ出して体を前に倒す。

20秒間ストレッチしましょう。

5股関節の外旋

股関節外旋

床に座った姿勢で、足を体の前方に置き、足の裏を合わせる。

この時、膝を90度以上に曲げないようにしてくださいね❗ほんの少し膝が曲がるくらいでいいです✌

両手で足を保持しながら体を前に倒す。

20秒間ストレッチします。

最後に

梨状筋症候群は診断がつきにくく、単なる坐骨神経痛、腰椎椎間板ヘルニア、原因不明とされている場合が多いです。

いつまでも続くお尻の痛み、ランニング中に起こるお尻の痛み、腰は痛くないのに脚がしびれる・痛むそんな症状があればご相談ください。

マラソン前のメンテナンス、走った後の疲労回復、ランニングでの痛みなどお気軽にご相談ください。

橋本接骨院はランナーの皆様を応援致します。

橋本接骨院のホームページ

姫路市小性町290-3船場西ビル1階

℡ 079-298-2541

月~金 8:30~12:00 15:00~20:00

土   8:30~14:00

日・祝日休診