ドキドキがとまりません 緊張をとるツボ

 

2018.4.27 更新

緊張します。ドキドキしています・・・

ドキドキ

篠山マラソンにエントリーされているTさんから質問が接骨院のLINE@にきました。

「スタート前の緊張をほぐすツボはありますか?」

はい❗あります✌

スタートの号砲がなるまでこのツボを押してくださいね😆

壇上での挨拶、人前のスピーチ、カラオケ、隠し芸・・・

はい❗私もここぞというときは、このツボをいつも押さえてましたよ〜

不思議と緊張がとれます✌

でも噛み噛みなのは、私の場合は緊張していてもいなくても変わらないです🤣🤣🤣

とにかく緊張しやすい方、スピーチや祝辞などの場面で、試合前や大会など、役に立つと思います!

まずは試してくださいね❗

緊張をとるツボ

1労宮

労宮

労宮は手のひらのほぼ中央にあるツボです。

自律神経のバランスを整える働きや、疲れをとるツボでもあります。

労宮とり方

正確にツボをとるには手をぐっと握り、中指と薬指の爪先が当たる位置の中央にとります。

労宮押さえ方

反対側の親指で心地よい強さで、ギュッギュッという感じで押さえてみましょう。

2神門

神門

手首にできる横ジワの小指側で少しくぼんだところにとります。

精神を安定させる効果やイライラの解消のツボです。

神門の押さえ方

手首ごと強く握って、親指をツボにあてましょう。強く気持ち良いぐらいにギュッギュッしてくださいね。

3合谷

合谷

手の甲側、親指と人差し指の間で少し人差し指側にとる。

この合谷のツボは頭、顔の疾患に効果があります。ストレスにも効果的でじっくり刺激すると気持ちが落ち着いてきますよ😊

合谷の押さえ方

合谷のツボを表から、裏からつまんで引っ張ると効果的です。

ムギュッと親指と人差し指でツボをつかんで、ギューッと引っ張りましょう。

最後に

ツボへの刺激は痛気持ち良いくらいの強さで押さえたりつまんだりして下さいね。

回数は特に決まりはありません。5回〜20回くらいを目安に試してください。

ツボに当たると気持ちの良い刺激を感じます。赤丸のところを目安に、その周囲も探って下さいね👍🏻

篠山マラソン出走のランナーの皆さん、頑張って下さいね😆

マラソン前のメンテナンス、走った後の疲労回復、ランニングでの痛みなどお気軽にご相談ください。

橋本接骨院はランナーの皆様を応援致します。

橋本接骨院のホームページ

姫路市小性町290-3船場西ビル1階

℡ 079-298-2541

月~金 8:30~12:00 15:00~20:00

土   8:30~14:00

日・祝日休診