1. LINE予約

    LINEで簡単予約

  2. 料金

    施術料金の目安

  3. 施術について

    痛みのない生活へ

  4. 地図・受付時間

    橋本接骨院の地図情報

ハイボルテージトレーニング

橋本接骨院の施術は手技にハイトレ(ハイボルテージトレーニング)を組み合わせています。
ハイトレで使用するのは
①ハイボルテージ 電流
②マイクロカレント電流
③立体動態波
④コンビネーション電流
⑤自律神経調整電流

これらを症状やコースに合わせて使用します。

適応症

肩こり・腰痛症
五十肩など肩周囲の拘縮・痛み
寝違い・筋違い
ぎっくり腰・坐骨神経痛
スポーツの痛み
ランナー特有の痛み(アキレス腱炎・腓骨筋炎・足底腱膜炎 ・腸脛靭帯炎・鵞足炎 腰・股関節の痛み等)

ハイトレで使用する電流

①ハイボルテージ電流

ハイボルテージ

高電圧の電気刺激が深部に浸透。疼痛の軽減や血流増大、治癒促進などに利用できます。
特徴として従来の電気治療に比べて、短時間で痛みを軽減できることからトップスポーツ選手の活躍する現場で成果を出しています。

②マイクロカレント電流

ハイボルテージ

きわめて微弱な電流で損傷の治癒を促進するマイクロカレント療法。電気が流れている感覚のない無刺激な電流なので、ハイボルテージ などビリビリする電気の感覚が苦手な方にもオススメです。
痛めた組織を修復させる微弱な電流を立体的に流して早期の治癒に適したプログラムになっています。筋肉や神経を興奮させず、体に負担をかけずに効率的に修復させます。フルマラソンなど激しく動かした後のケアに最適です。
急性の症状に対して、ハイボルテージ療法の後に10分〜20分通電することで早期の回復を狙います。

③立体動態波

立体動体波

立体動態波は3つの高い周波数が内部で干渉し、立体的に波のような電流が流れる立体動態波が発生。電流の浸透している範囲で3次元的に広範囲の生体組織を刺激します。
また、従来届きにくかった深部筋肉・関節内への刺激を可能にしたことで、トレーニングや鎮痛などに優れた効果を発揮します。
特にマラソン・ランニングなどのスポーツのケガ・痛みに効果が高く、継続して長時間同じ部位に負担がかかる走る競技の痛みのケアに最適です。

④コンビネーション電流

立体

コンビナーション電流はハイボルテージ の200Vの高電圧を体内に投入し、超音波を利用してさらに深く浸透させると同時に超音波による音圧効果で患部の芯まで刺激します。これまで困難とされてきた深部の痛みに対応した電流効果を上げることが出来ます。
長期間良好な結果を得られなかった慢性疼痛や一時的に良くなってもすぐにまた元の痛みが戻るような症状を改善します。
マイクロカレント電流を組み合わせて治療期間を短縮できます。

⑤自律神経調整電流

自律神経

自律神経調整電流の対象としては以下の通りです。自律神経の乱れからくるもの・頭痛・不眠・肩こり・婦人科疾患・疲労回復スポーツ、ランニングのリカバリー 
自律神経調整電流はマイクロカレント(微弱電流)を手首・足首に通電し、自律神経の働きを整え、副交感神経の働きを活性化させます。これにプラスしてハイボルテージ電流で呼吸筋を活性化し、深い呼吸でしっかり酸素を取り込み、体に蓄積されたストレスや緊張を発散し、リラックスできる体に整えます。
自律神経調整療法は30分ほど時間がかかります。時間に余裕を持ってお越しください。