ハイボルテージトレーニング

橋本接骨院では自費施術としてハイボルテージトレーニング療法をオススメしています。
ハイボルテージ トレーニングで使用するのは
①ハイボルテージ 電流
②マイクロカレント電流または3DNENS
③立体動態波
④コンビネーション電流
⑤自律神経調整電流

これらを症状やコースに合わせて使用します。

適応症

五十肩など肩周囲の拘縮・痛み
寝違い・筋違い
ぎっくり腰・坐骨神経痛
スポーツの痛み
ランナー特有の痛み(アキレス腱炎・腓骨筋炎・足底腱膜炎 ・腸脛靭帯炎・鵞足炎 腰・股関節の痛み等)

施術コース&料金 

ハイトレ ポイント治療コース 1000円 
痛い箇所が1部位だけの場合にオススメです。

ハイトレ 集中治療コース 2000円 
痛い箇所が「腰と肩」「首と手」などの場合や「ギックリ腰」「寝違い」などの症状に対処します。
橋本接骨院イチ押しのコースです。

ハイトレ トータルケアコース 3000円
複数の痛い箇所に対応し、全身のコンディションを整えます。
激しいスポーツの後、疲労や痛みの強い場合、続けて来院できない方へ。
院長オススメのコースです。

上記コースは保険金額にプラスされます。

ハイボルテージ トレーニングで使用する電流

①ハイボルテージ電流

ハイボルテージ

高電圧の電気刺激が深部に浸透。疼痛の軽減や血流増大、治癒促進などに利用できます。

特徴として従来の電気治療に比べて、短時間で痛みを軽減できることから効果がその場で要求されるトップスポーツ選手の活躍する現場で成果を出しています。

具体的には200Vの高電圧を体内に投入し、超音波を利用して浸透させることにより、これまで困難とされてきた深部の痛みに対応した電流効果を上げることが出来ます。

長期間良好な結果を得られなかった慢性疼痛や一時的に良くなってもすぐにまた元の痛みが戻るような症状を改善します。

②マイクロカレント電流

きわめて微弱な電流で損傷の治癒を促進するマイクロカレント療法。

電気が流れている感覚のない無刺激な電流です。

③立体動態波

橋本接骨院では急性の症状に対して、ハイボルテージ療法の後に10分〜20分通電することで早期の回復を狙います。

立体動体波

立体動態波は3つの高い周波数が内部で干渉し、立体的に波のような電流が流れる立体動態波が発生。電流の浸透している範囲で3次元的に広範囲の生体組織を刺激します。
また、従来届きにくかった深部への刺激を可能にしたことで、トレーニングや鎮痛などに優れた効果を発揮します。
特にマラソン・ランニングなどのスポーツのケガ・痛みに効果が高く、継続して長時間同じ部位に負担がかかる走る競技の痛みのケアに最適です。

立体

立体動態波治療器では2つプログラムを使用します。

一つは立体動態波。これは立体的に複雑に絡み合った電流が従来の治療器では届かなかった深く広範囲の刺激を可能とします。表層だけの治療ではなく痛みの根本に直接アプローチし、優れた効果を発揮します。

そして、3D MENS。これは痛めた組織を修復させる微弱な電流を立体的に流して早期の治癒に適したプログラムです。筋肉や神経を興奮させず、体に負担をかけずに効率的に修復させます。フルマラソンなど激しく動かした後のケアに最適です。

④自律神経調整電流

自律神経

自律神経は身体のあらゆる臓器、消化器ををはじめ循環器、生殖器などに大きく関わり、交感神経と副交感神経の二つからなります。
交感神経は運動中や体の活動時、昼間に活発になり、一方の副交感神経は安静時や寝ているときに活発になります。
交感神経、副交感神経が交互にバランスよく働くことにより身体の機能は上手く働くことができます。現代の生活ではこの二つのバランスが崩れがち・・・
ストレス、イライラ、不安・・・
こういった状態が続くと自律神経の交感神経が優位に働くことになります。疲労回復や緊張緩和に不可欠な酸素循環を体に巡らせるには深い呼吸が必要です。
深い呼吸、そして酸素を細胞内に取り込む毛細血管の拡張に副交感神経の働きが不可欠!結局、副交感神経の働きが弱くなると細胞が活性化されなくなります。

自律神経調整療法の特徴はおだやかな刺激のため、安心して施術を受けることができることです。特に自律神経の乱れによる不定愁訴に効果があります。
自律神経の働きが整うと以下のような改善がみられます!
○全身のつかれ、痛みが速く改善する
○自然治癒力が促進される
○リラックスして睡眠の悩みを解消できる

施術の対象としては以下の通りです。

自律神経の乱れからくるもの・頭痛・不眠・肩こり・婦人科疾患・疲労回復スポーツ、ランニングのリカバリー 

ハイボルテージ

自律神経調整電流はマイクロカレント(微弱電流)を手首・足首に通電し、自律神経の働きを整え、副交感神経の働きを活性化させます。これにプラスしてハイボルテージ電流で呼吸筋を活性化し、深い呼吸でしっかり酸素を取り込み、体に蓄積されたストレスや緊張を発散し、リラックスできる体に整えます。

自律神経調整療法は長く時間がかかります。時間に余裕を持ってお越しください。

FEATURED POSTS

  1. フォームローラー

    フォームローラーの使い方

  2. ドローイン

    腰痛対策〜骨盤体操とドローイン〜…

  3. ランナーの足

    ランナーの足トレーニング〜ふくらはぎと足底筋の強化〜…

  4. ランナーの膝

    [ランナーの膝トレーニング]スクワットで着地の衝撃から膝を守…

  5. 頻尿のお灸

    トイレが近くて夜中に何度も目がさめる〜頻尿のお灸〜…

  6. 体脂肪率減少

    体脂肪率を落とすトレーニング

  7. ブレない下半身

    ブレない安定した下半身を作る筋トレ…

  8. 走り出す前

    走り出す直前の動的ストレッチ

  9. 太もものストレッチ

    ランニング後はしっかりと伸ばしたい〜太ももへのストレッチ〜…

  10. 猫背改善

    猫背のランナー〜姿勢を改善するための上半身筋トレ〜…

  11. 体幹

    ランニングフォームを安定させる体幹トレーニング…

  12. 寝る前のストレッチ

    寝る前のストレッチ〜その日の疲れを解消〜…