ジャンプトレーニング

ジャンプ前

山口100萩往還マラニック大会250㌔に出走されたランナーの方々、お疲れ様でした。

昨日、出走された方から話を伺いましたが、想像できない過酷なレースですね。

48時間のレース中、仮眠はわずか1時間。

慣れないと幻覚を見るそうです。というかあっちの世界に行ってしまいそうですね。

ひたすら続くアップダウン、真っ暗の中を僅かなライトの灯りで走り、足は水ぶくれ・・・

24時間テレビの芸能人が走るチャリティーラン、いつも過酷だなあと思いながらテレビを見ていますが、その2倍ですね!

いつかは走りたい・・・ とは思いません!

Oさん、5回目の萩往還完走おめでとうございます!!

250㌔のレースは次元が違い過ぎて想像力が追いつきませんが、フルマラソンの完走には後半の失速を防ぐ走り方が必要ですね。

走るのに大切な反発力。

地面からの反発力を推進力に変えるためには足首、膝のバネと筋力が必要です。

この反発力を効率的に引き出すには坂道トレーニングです。そしてもう一つジャンプトレーニングも併せると効果的ですよ!

しっかりと反発力を活かせるようになるとマラソン後半の失速も少なくなります。

まずは身体を真っすぐに上に伸ばすように軽くポーン、ポーンとジャンプしてみましょう。

軽くポーンポーン

(写真では手を上げていますが、上げる必要はないです。足も開かず、自然に伸ばしてくださいね!)

10回くらい繰り返して反発力の感覚を身につけます。

脚の筋力だけで上にジャンプせずに、胸から上を引き上げるように意識してください。

そして、膝を深く曲げないで、腰の位置を高く保つことも大切ですよ!

反発力を上手く活用して姿勢よく走りだしたいですね!

まっすぐ上に

(真っすぐ上にジャンプしてくださいね!)

マラソン前のメンテナンス、走った後の疲労回復、ランニングでの痛みなどお気軽にご相談ください。

橋本接骨院はランナーの皆様を応援致します。

姫路市小性町290-3船場西ビル1階

℡ 079-298-2541

月~金 8:30~12:00 15:00~20:00

土   8:30~14:00

日・祝日休診

関連記事

  1. ランニングで痛みが出たとき

  2. 上り坂はつらくてもフォームを崩さずに

  3. 書写山で音楽会

    マラソンと風邪

  4. いきなりステーキ外観

    マラソン前にステーキ

  5. ピッチが遅い、速い

  6. 「ツボ押し」で疲労回復

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 股関節の痛み
  2. お灸
  3. ランニングの呼吸
  4. 猫背
  5. 臀部反対側
  6. ハムストリングス
  7. ラン後のストレッチ
  8. 足首トレーニング
  9. テーピング
  10. 体幹側部

チャンネル登録お願いします