ピッチが遅い、速い

ピッチとは

一定時間内に繰り返す回数のことをいいます。

ランニングにおいては走っているときの一歩にかかる時間を表します。

つまりピッチが速い人は歩幅(ストライド)は短くなります。

ストライドの大きな人より同じ時間内での歩数は多くなります。

そしてピッチが速いほど地面に足が接地している時間は短くなり、脚にかかる地面からの衝撃は少なくなります。

つまり・・・

ピッチが速いほど脚に負担が少ない!

走り始めたばかりの方はピッチが遅く、地面との接地時間が長くなるために脚のトラブルや故障を起こしやすくなります。

ピッチを意識して走ることが脚のトラブルを防ぐコツですよ!

ピッチが遅い

ピッチが遅い走りの特徴

①歩数が少な

②地面との接地時間が長い

③脚に衝撃がかかる

脚を保護するようなクッションのあるシューズを履きましょう!

ピッチが速い

 

ピッチが速い走りの特徴

①歩数が多い

②地面との接地時間が短い

③脚への衝撃が少ない

反発性の高いシューズを履くとより速く走れますよ!

マラソン前のメンテナンス、走った後の疲労回復、ランニングでの痛みなどお気軽にご相談ください。

橋本接骨院はランナーの皆様を応援致します。

姫路市小性町290-3船場西ビル1階

℡ 079-298-2541

月~金 8:30~12:00 15:00~20:00

土   8:30~14:00

日・祝日休診

関連記事

  1. 大阪30K

    大阪30K

  2. 「ツボ押し」で疲労回復

  3. 腸腰筋

    腸腰筋を強くして走りを変える

  4. ランニングの呼吸

    口呼吸と鼻呼吸

  5. 骨盤

    骨盤を正しい位置にキープして効率のいい脚運びへ

  6. 風邪で練習を休むと筋肉が落ちる?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. ダイナミックストレッチ
  2. 腕を振って
  3. 股関節
  4. 腰痛
  5. 肩甲骨
  6. 骨盤
  7. 肩甲骨
  8. 反り腰
  9. 姿勢改善
  10. ランナーの体幹

チャンネル登録お願いします