腰痛は心理的なもの?

走る人

走る人

腰痛を抱えている人は多いですね。

残念ながら腰痛について、首をかしげるような理論がまかり通っていますね😩

未だにトンデモ理論が言われています。

椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、脊柱分離すべり症など、はっきりとした原因がわかるのは全体の2割程度。

多くの腰痛は原因が不明で治りにくいとされてきました。

こういう原因不明の腰痛は「非特異性腰痛」と分類されてきました。

『この「非特異性腰痛」は心理的なところに原因がある』

というのが半ば常識にもなっていました。

よく「腰痛の原因は脳にある」とかテレビの健康番組でも取り上げられてきました。

・・・アホか!!😡

これは2001年のアメリカの論文で「腰痛の85%は非特異的」とデータが出され、「多くは心理的社会的ストレスによる」と報道されたことに端を発しています。

しかし、2016年に山口大医学部の研究調査で原因が特定できるのは78%、心理的な腰痛は0.3%に過ぎなかったようです。

これまで原因不明とされて来た腰痛の多くは筋肉、筋膜、背骨の関節を丁寧に見ていけばほぼ原因が特定できるはずだったのです。

つまり、腰痛は心理的なものや、脳への誤った信号だの、ストレスからというのは0.3%、滅多にないことですよ❗️

接骨院、整骨院ではX線やCTなどの検査はできません。

しかし、そのぶん「触診」を大切にしてきました。

つまり「患部を丁寧に触れて原因を探る」「正確な徒手検査ができる」ことが接骨院、整骨院の強みです。

原因の特定できない腰痛は極めて少ないですよ👍🏻

前のめりに屈む

マラソン前のメンテナンス、走った後の疲労回復、ランニングでの痛みなどお気軽にご相談ください。

橋本接骨院はランナーの皆様を応援致します。

姫路市小性町290-3船場西ビル1階

℡ 079-298-2541

月~金 8:30~12:00 15:00~20:00

土   8:30~14:00

日・祝日休診

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

  1. 体を丸く

    正しい腹筋

  2. ぎっくり腰 腰の緊張をほぐす体操

  3. 緊張している

    ドキドキがとまりません 緊張をとるツボ

  4. 脂肪を燃やす

    燃えろ体脂肪

  5. 手のストレッチ

    日々のストレッチ〜手〜

  6. 走りだそう

    「木の芽立ち」のこの時期こそ走りだそう

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. バランス
  2. おかやまマラソンゴール
  3. 股関節の痛み
  4. お灸
  5. ランニングの呼吸
  6. 猫背
  7. 臀部反対側
  8. ハムストリングス
  9. ラン後のストレッチ
  10. 足首トレーニング

チャンネル登録お願いします