歩いて痩せる?

「ダイエットしたけりゃ歩きなさい」

「毎日歩いていれば痩せる」

よく言われていますよね😅

はっきり言います 痩せません!

痩せない

歩くだけでは痩せません!

カロリーの消費

50キロの人が1時間体を動かすとします。

ぶらぶら歩き 250kcal

ウォーキング 350kcal

ジョギング 400kcal

ランニング 500kcal

歩いていているだけでは大してカロリーは消費しません。

走ることに比べて半分程度です。

痩せるために有酸素運動として歩くのならば、ジョギング並みの速さで歩かないとダメですよ😩

ちょっとした食べ物で歩いた分が帳消しになっちゃいますね。

参考までに私がよく買い食いしているものです💦

あんぱん280kcal

メロンパン430kcal

アイスクリーム315kcal

1時間ジョギングしても、コンビニでちょっと買い食いしたらダメですね😭

筋力増強

では歩けば筋肉が強くなるんじゃない?

残念ながら歩くだけでは筋肉が増える、代謝が上がるといったトレーニング効果は得られません。

筋肉トレーニングは普段、筋肉にかかっている以上の負荷をかけないと強くはならないです。

筋肉が強くなるのは、負荷がかかり、筋肉の繊維が微細な破壊を起こし、それが回復するときに、更に強い筋肉に再生されます。

これを超回復と言います。

日常生活の範囲の歩きでは、筋肉は破壊もされないので、筋肉が強くなることはないです。

「歩く」の次へ

「よく歩きなさい」と言われますが、少々歩いてもカロリーは消費しない。

筋肉も強くならない。

しかし、普段運動習慣がない人がいきなりランニングを始めても故障するだけです。

歩く習慣は、次の走れる体を作るための準備期間です。

歩くだけでは痩せませんが、習慣にして、徐々に走る時間を入れたり、負荷を大きくして歩きをジョギングやランニングへと変えて行きましょう👍🏻

走ろう!

マラソン前のメンテナンス、走った後の疲労回復、ランニングでの痛みなどお気軽にご相談ください。

橋本接骨院はランナーの皆様を応援致します。

姫路市小性町290-3船場西ビル1階

℡ 079-298-2541

月~金 8:30~12:00 15:00~20:00

土   8:30~14:00

日・祝日休診

 

関連記事

  1. 指が痛い・曲げにくい!その痛み腱鞘炎かも?

  2. ローテーターカフ

    ローテーターカフ(腱板)を強くする

  3. 桜を見上げる

    身体の深部を温める

  4. 肩トレ

    肩トレ

  5. ぎっくり腰

    腰痛、肩こりに皮内鍼

  6. おかやまマラソンゴール

    運動経験の少ない方へのトレーニング

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 動的ストレッチ
  2. 朝の腰痛
  3. 30キロ
    30キロの壁

    2019.02.13

  4. シンスプリント
  5. ランナー膝
  6. ふくらはぎ
  7. 肩のストレッチ
  8. ランナーの膝
  9. 目覚め
  10. 動的ストレッチ

チャンネル登録お願いします