口呼吸と鼻呼吸

ランニングの呼吸

口呼吸と鼻呼吸、どちらが良いのか?

息を吸って、吐いて〜

この時、口で息をしていますか?鼻でしていますか?

息を吸うときは鼻から吸うほうが理にかなっています。

YouTube動画はこちらから↓

口呼吸と鼻呼吸どちらが良いの?

口と鼻の違い

口と鼻の違い、それは口は消化器、鼻は呼吸器と分類されます。

鼻は呼吸専門の器官で、鼻毛と鼻粘膜という大切なものがあります。

鼻毛はごく小さな異物を絡め取り、身体へ侵入しないようにします。これは空気中の細菌やアレルギー物質などの侵入を防ぐ免疫システムの最初の関門です。

そして鼻粘膜は鼻腔の中の湿度、温度を高め、侵入してくる異物が鼻毛に絡みやすく、そして鼻粘膜から分泌される粘液に吸着して鼻水として排出されます。

それに対して口は消化器官で、鼻のような空気に対しての免疫関門はありません。

なので口から大きく息を吸い込むと菌や異物、アレルギー物質などが空気と一緒に肺にまで入りかねません。

これからの季節、風邪やインフルエンザなどを予防するには鼻で呼吸するべきです。

また、異物の侵入以外にも鼻毛や鼻粘膜からの湿度のおかげで、直接に冷たい冷気を吸い込むことを防いでくれるので鼻呼吸は大切です。

呼吸

息を吐く時

ランニングのときは息をスッ、スッ、ハッ、ハッと呼吸するけど、スッ、スッは鼻から息を吸ってますよね。

ハッ、ハッ、の時は鼻から?口から? どちらからが良いのでしょうか?

息を吐く時はどちらからでも構いません。

ランニングやマラソンの時は早く息を吐いたほうがリズムをつかみやすいので口から吐くランナーが大部分です。

息を吐く時は空気を外に出すのでリズム良く走れる吐き方で構いません。

別にハッ、ハッと2回吐く必要もないです。

昔、学校で2回に分けて息を吐けと習った気がしますが・・・

実は2回に分ける論理的な理由はありません。

単に集団で、掛け声をかけてリズムを取らせやすいだけの問題なので、自分が呼吸しやすい吐き方で良いんです!

ランニングの呼吸

関連記事

  1. 篠山マラソンメッセージ

    いちばん簡単なランナー膝(腸脛靭帯炎)のテーピング

  2. ペアストレッチ

    運動前にストレッチはNG?

  3. 太もも

    日々のストレッチ〜太もも〜

  4. ランナーの膝

    ランナーの膝痛を予防するストレッチ

  5. 痛いこむら返り

    こむら返りを二度と起こさないための予防法

  6. 肩トレ

    肩トレ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 動的ストレッチ
  2. 朝の腰痛
  3. 30キロ
    30キロの壁

    2019.02.13

  4. シンスプリント
  5. ランナー膝
  6. ふくらはぎ
  7. 肩のストレッチ
  8. ランナーの膝
  9. 目覚め
  10. 動的ストレッチ

チャンネル登録お願いします