背中をストレッチ!しなやかな身体になる

背中をストレッチ

ストレッチは種類も数も多く、すべて全身行えば結構タイヘン・・・

でも全身にこだわる必要はありません。

最初のうちは2つでも3つでも、気になる部位を伸ばしてみましょう。

まずは心地よさを感じる強さで、無理をせず自然に行いましょう。

YouTube動画はこちらから↓
背中をストレッチ〜しなやかな身体になる〜

背中の筋肉

背中の筋肉はきれいな姿勢を保つために、常に背骨を支えています。

なのでとても疲れの溜まりやすいところです。

知らず知らず姿勢が崩れて猫背になったり、左右に傾けたり、そんな事にならないようにストレッチでリセットしましょう。

腕から背中へ斜め倒し

手を伸ばす

膝を床について立ち、右手で左の手首をつかみます。

遠くに伸ばす

腕をなるべく遠くに伸ばすつもりで上半身を斜め前に倒しましょう。この時背骨は無理に伸ばさず、自然と丸くなります。

20秒間キープしましょう。

反対の手も同様に行います。

肘から脚の内へ

肘から脚

左膝を立ててしゃがみ、左の腕を横腹に、手の甲を横腹に当てます。

次に肘を膝の内側に入れます。反対の右手をまっすぐ正面に伸ばし、顔、胸を正面に向けましょう。

20秒キープ

この姿勢を20秒間キープします。

反対側も同様に行いましょう。

猫のように背中伸ばし

猫のように

床に膝をつき、右手を真っ直ぐ前へ伸ばします。左肘を曲げて腕を胸の下に置きます。

身体を沈めます

この状態で背中を沈めるように湾曲させて伸ばしましょう。

20秒間キープします。

反対側も同様に行いましょう。

身体の背面伸ばし

背面のばし

腰幅で立ち、背中で手を組みます。

背面の腕を伸ばす

次に身体を前に倒しながら背面の腕を伸ばしていきます。

最大限伸ばしたら20秒間キープしましょう。

バックロール

バックロール
脚を頭の上に

仰向けになり、両腕を床に安定させて置いた状態から両足を頭の上に投げ出し、つま先を床につけましょう。

20秒間キープしましょう。

両手を重ねて背伸び

両手を重ねて背伸び

あぐらをかいて座り、両手の平をねじりあわせて、上に伸ばします。

横から見ると一直線

横から見ると背中から手先まで一直線になるようにしましょう。

20秒間キープしましょう。

関連記事

  1. 股関節の痛み

    変形性股関節症だけでなく膝も痛い時のストレッチ

  2. コブラ

    猫背をリセットする4つのトレーニング

  3. 仕事中のストレッチ

    受付け仕事中にサクッとストレッチ

  4. お尻の痛み 梨状筋症候群

  5. 夜の書写

    深い呼吸のためのストレッチ

  6. ランナーの脚

    ランナーの脚をケアするストレッチ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 動的ストレッチ
  2. 朝の腰痛
  3. 30キロ
    30キロの壁

    2019.02.13

  4. シンスプリント
  5. ランナー膝
  6. ふくらはぎ
  7. 肩のストレッチ
  8. ランナーの膝
  9. 目覚め
  10. 動的ストレッチ

チャンネル登録お願いします