腕をストレッチ 使える腕に

腕のストレッチ

酷使している腕

日常生活で指先や手先、腕をひっきりなしに使っています。なので疲れも溜まりやすく、硬くなりがちです。ストレッチで腕が使えるように柔らかくしておきましょう。腕の筋肉が柔らかくなると腕につながる肩・肩甲骨の動きが改善されると同時に腕の血流も良くなりますよ。

YouTube動画はこちらから↓
腕をストレッチ〜使える腕に〜

手のひら伸ばし

手のひら

正座で座り、両手の指先を自分の方に向けて前方に手のひらをつけます。手のひら全体がピッタリするように足の爪先を立てて、お尻を浮かせて調整して下さい。

20秒間キープしましょう。

手の甲伸ばし

手の甲

つま先を立てて正座をして、両手の指を自分の方に向けて太ももの上に手の甲を置きます。肘を伸ばして、背中も伸ばしましょう。

20秒間キープしましょう。

腕の後方伸ばし1

腕の後方1

膝立ちの姿勢から床に片肘をつけて、上体を沈めます。反対の手は安定するところに置いてバランスをとります。

20秒間キープしましょう。

反対側も同様に行います。

腕の後方伸ばし2

腕の後方2

膝立ちの姿勢から左腕を頭から背中に回し、右手で左肘をつかみ、後方へ引きましょう。背骨をまっすぐに維持したまま行って下さい。

20秒間キープしましょう。

反対側も同様に行います。

肩のインナーマッスル伸ばし

肩のインナーマッスル

横向きに寝転がり、上側の脚を前に出します。下になった肘を顔の前に置き、肘をテコの原理を使って上側の手で下の手の甲を力を加えましょう。

力を拮抗させて20秒間キープしましょう。

反対側も同様に行います。

手のひら返し

手のひら

膝立ちで、胸を張り、両手を組んで手のひらを前に向けて突き出します。肘をしっかり伸ばして20秒間キープしましょう。

反対側も同様に行います。

関連記事

  1. 骨盤ストレッチ

    骨盤をストレッチ 動ける身体を維持するために

  2. 背中をストレッチ

    背中をストレッチ!しなやかな身体になる

  3. こむら返り、肉ばなれ

    ランナーのこむら返り・肉離れを防ぐ〜脚後面を柔らかくするトレ…

  4. 腱鞘炎だけどジャンプ

    腱鞘炎 改善のためのストレッチ

  5. 動的ストレッチ

    筋肉を目覚めさせるウォーキング前の動的ストレッチ

  6. ランナーの膝

    ランナーの膝痛を予防するストレッチ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. ダイナミックストレッチ
  2. 腕を振って
  3. 股関節
  4. 腰痛
  5. 肩甲骨
  6. 骨盤
  7. 肩甲骨
  8. 反り腰
  9. 姿勢改善
  10. ランナーの体幹

チャンネル登録お願いします