ダンベル集中トレーニング〜大腿後面と下腿後面〜

脚の後面

太ももとふくらはぎ

太ももやふくらはぎの筋肉は、走ったり、ジャンプしたりというようなスポーツだけでなく、階段の昇り降りや立ったり座ったりする時などの日常生活でも必要になる重要な筋肉です。
これが運動不足やケガの後など使わなくなると、最も筋力の低下を感じたり、その筋力低下によって日常生活に支障をきたす部位でもあります。
今回はこの大切な太ももとふくらはぎをトレーンニングしましょう!
ダンべルでのトレーニングは10回を3セット行いましょう。

YouTube動画はこちら↓
ダンベル集中トレーニング〜大腿後面・下腿後面〜

ヒップリフト

ヒップリフト

床に仰向けになり片足を伸ばし、反対の膝は立てておきます。股関節の上にダンベルを置いて両手で保持します。

ヒップリフト2

伸ばした脚を浮かせて、お尻を床から離して一直線になるまで持ち上げます。次にゆっくりと床に降ろし、開始姿勢に戻ります。

スティッフレッグド・デッドリフト

デッドリフト

両手にダンベルを下げ、膝をほんの少し曲げた状態で立ちます。

デッドリフト2

膝の角度はそのままで股関節を曲げ、上半身を前傾させてダンベルを下げます。
次に膝の角度はそのままで股関節を伸ばして上半身を起こしましょう。

スタンディング・カーフレイズ

カーフレイズ

両手にダンベルを下げて直立になります。

カーフレイズ2

かかとを上げて足首を伸ばしましょう。次にゆっくりとかかとを下げて開始位置に戻します。

シーティッド・カーフレイズ

シーティングカーフレイズ

イスに座り、ダンベルを太ももの上に置き、両手で保持します。

シーティングカーフレイズ2

かかとを上げてダンベルを持ち上げましょう。次にゆっくりとかかとを下げて開始位置に戻します。


関連記事

  1. チューブ運動

    イスに座ったままチューブ体操

  2. ローテーターカフ

    ローテーターカフ(腱板)を強くする

  3. トレーニング

  4. ウォーキング

    正しいウォーキング

  5. おかやまマラソンゴール

    運動経験の少ない方へのトレーニング

  6. 反り腰改善

    反り腰の改善プログラム

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 動的ストレッチ
  2. 朝の腰痛
  3. 30キロ
    30キロの壁

    2019.02.13

  4. シンスプリント
  5. ランナー膝
  6. ふくらはぎ
  7. 肩のストレッチ
  8. ランナーの膝
  9. 目覚め
  10. 動的ストレッチ

チャンネル登録お願いします