30キロの壁

30キロ

姫路城マラソンまで2週間を切りましたね。

30㌔まではいいぺーすだったのにそこから失速して・・・
30㌔から脚が猛烈に痛くなって・・・
突然30㌔を過ぎてから脚が動かなくなってしまった・・・

私はマラソンのたびに同じ言い訳をしている気がします。みなさんも同じような経験はあると思います。

2月11日、その対策として30キロ走に行ってきました。雪の日でした。

30キロ走

よくマラソンで「30㌔の壁」「35㌔の壁」という言葉が使われます。

私の場合は途中での水の飲みすぎ、脚のこむら返り、トイレに立ち寄る、ペース配分の失敗、など毎回思い当たることはありますね。

でも根本は練習不足、つまりフルマラソンを走り切る脚が作り切れてないからです。

マラソン本番前には一度はやっていただきたいのが30㌔走です。

脚の脚力が強化され、脂肪を燃焼させ身体のエネルギーサイクルをマラソンに耐えられるように慣らす効果があります。

また、レースのシュミレーションとして本番で使うウェアやシューズ、補給食などを試すにも良いですよ。今回のランはGo-proで撮影しながら行いました。

ここで大切なことは目標ペースで30キロ走を行うこと。

前回のたつの市梅と潮の香マラソンでは1キロあたり6分少々だったので、今回は1キロ当たりプラス1分~1分半で余裕を持たせて走ってみることにしました。

菜の花

菜の花に癒され、

雪の田んぼにダイブしたり、

シューズの中まで雪で濡らしてしまい、びちゃびちゃになりました。

ペースダウンしたり、ヘロヘロになったりしましたが、なんとか走りきりました。

ゆっくり走って、姫路城マラソンに向けての脚づくりができたと思います。

ペースを落として走ることで毛細血管も覚醒され、マラソン本番で大崩れせず完走できるはずです。

関連記事

  1. 骨盤

    骨盤を正しい位置にキープして効率のいい脚運びへ

  2. ランナーの膝

    ランナーの膝痛を予防するストレッチ

  3. おかやまマラソンゴール

    運動経験の少ない方へのトレーニング

  4. 姿勢を正せ

    ランニングフォームが崩れたら姿勢をリセット

  5. 脚のストレッチ

    ランナーの疲れた脚へのストレッチ

  6. ランニングで痛みが出たとき

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。