動的ストレッチ〜股関節のつながりを連動させる〜

動的ストレッチ股関節

マラソンやサッカーなどの走る動きは下半身から始まり上半身へとつながります。このつながりが連動することにより、大きなパワーを地面に伝えることができます。

上半身を使う野球やテニスなどでも力を上手く伝達させるには股関節周りの動的ストレッチは必須です。

最高のパフォーマンスを発揮させるためにも運動前の動的ストレッチを行いましょう!

YouTube動画はこちらから
動的ストレッチ〜股関節のつながりを連動させる〜

腸腰筋の動的ストレッチ

腸腰筋

膝を胸に近づけるように引き上げます。

かかとまで踏み込む

次に脚を後ろに振り、つま先を後ろに着地させ、かかとまで踏み込みましょう。

この一連の動きを10回繰り返しましょう。反対側も同様に行って下さい。

大腿四頭筋・ハムストリングスの動的ストレッチ

前にスイング
後ろにスイング

片脚を軸足にして、反対の脚を前後に大きくスイングさせましょう。徐々に振り幅を大きくして下さいね。

この一連の動きを10回繰り返しましょう。反対側も同様に行って下さい。

大腿四頭筋・内転筋群の動的ストレッチ

腰を落として軸足にしっかりと体重を乗せて、反対の脚は横に踏み出します。

横に広げる

横に出した脚を引き上げ胸に近づけた後、横に再び広げましょう。この時、軸足が内側に入ったり、ブレたりしないように注意して下さい。

この一連の動きを10回繰り返しましょう。反対側も同様に行って下さい。

内転筋群の動的ストレッチ

内転筋群

片脚に体重を乗せて、反対の脚は前に出して浮かせます。

脚を引き上げる

前に出した脚を引き上げ、かかとを太ももに近づけます。

この一連の動きを10回繰り返しましょう。反対側も同様に行って下さい。

股関節周囲の動的ストレッチ

股関節周囲

片脚に体重を乗せて反対の脚を後ろに引いた体勢から外から内に大きく膝で円を描くように回します。

ハードルをまたぐ

ハードルをまたぐようにイメージしながら脚を後方に下ろします。

この一連の動きを10回繰り返しましょう。反対側も同様に行って下さい。

最後に

股関節を柔らかくしておくことはどのスポーツでも大切なことで、バランスの良いフォームを作るために必要なことです。

関連記事

  1. 腸腰筋

    腸腰筋を強くして走りを変える

  2. 股関節

    骨盤〜スムーズに動かす下半身ストレッチ〜

  3. 腕を振って

    ダイナミックストレッチ〜ブンブン大きく腕を振って〜

  4. 走り出す前

    走り出す直前の動的ストレッチ

  5. 内転筋

    骨盤のストレッチ〜背骨と股関節をつなぐ〜

  6. 大ジャンプ

    お尻の痛み ハムストリングス筋・腱付着部炎

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. ランナーの足
  2. ランナーの膝
  3. 頻尿のお灸
  4. 体脂肪率減少
  5. ブレない下半身
  6. 走り出す前
  7. 太もものストレッチ
  8. 猫背改善
  9. 体幹
  10. 寝る前のストレッチ

チャンネル登録お願いします