1. LINE予約&無料相談

    LINEで簡単予約・無料相談

  2. 料金

    施術料金の目安

  3. 施術について

    痛みのない生活へ

  4. 地図・受付時間

    橋本接骨院の地図情報

骨盤のストレッチ〜背骨と股関節をつなぐ〜

ストレッチ 腰・骨盤

内転筋

骨盤は体のいろんなところから影響を受けやすい箇所です。上半身の乱れは肩甲骨・背骨を介して、足の歪みは股関節へと影響し、これらすべての負担は骨盤にかかります。

骨盤の傾きに関連するのは腸腰筋。この腸腰筋とお尻周辺の筋肉を柔らかくして骨盤が正しい位置にあるようにストレッチしましょう。

YouTube動画はこちら
骨盤のストレッチ〜背骨と股関節をつなぐ〜

骨盤

腸腰筋のストレッチ

腸腰筋

脚を前後に大きく開き、前に出した脚の膝を直角に曲げます。後方の脚は膝を曲げて床につけましょう。両手を膝の上に置き、胸を張り、骨盤を前方に押し出します。

腸腰筋右

20秒間キープしましょう。反対の脚も同様に行います。

大臀筋のストレッチ

大臀筋

床に座り、腰の後方に両手をついて片脚を前に膝を立てます。反対の足首を膝の上に置きます。さらに膝を曲げ、胸と膝を近づけましょう。

大臀筋右

20秒間キープしましょう。反対の脚も同様に行います。

中臀筋のストレッチ

中臀筋

床に座った状態で、片脚が下になるように反対側へ横に伸ばし、両手は腰の後ろの安定するところに置きます。上側になる脚の膝を曲げ、下の脚の膝の前に足の裏をつけます。同じ側の手でお尻を後ろから支えましょう。体をできるだけ起こしてお尻の横を伸ばします。

中臀筋右

20秒間キープしましょう。反対の脚も同様に行います。

内転筋のストレッチ

内転筋

両脚を大きく開き、両手をお尻の横に置きます。手で骨盤を横に押し込み、上体を反対方向に倒しましょう。

内転筋右

20秒間キープしましょう。反対の脚も同様に行います。

最後に

骨盤が傾いたり歪んだりすると脚への血流も悪くなり、冷え性やむくみの原因になったり、体の新陳代謝も低下します。

脚の筋力不足や、肥満でお腹が出てくると骨盤にも関係するので注意してくださいね。

関連記事

この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. 気持ちよく簡単にできる基本のストレッチ②

  2. 気持ちよく簡単にできる基本のストレッチ①

  3. しなやかボディーをつくるストレッチ

  4. 自宅で簡単!ダンベルトレーニングで代謝を上げる