1. ご案内

  2. 地図

猫背のランナー〜姿勢を改善するための上半身筋トレ〜

トレーニング マラソン 姿勢

猫背改善

デスクワークの多い人は猫背になりがち。猫背になると肩甲骨が固まり、呼吸も浅くなってきます。ランニングやマラソンの時、身体が疲れてくると普段の姿勢が出てしまいます。

ランナーが猫背のまま走ると、身体に空気が入りにくく、肩甲骨が固まって腕をうまく振ることが出来にくくなります。
そこで上半身の筋トレで肩甲骨を動かし、胸をきちんと張れるように鍛えましょう。

YouTube動画はこちら
猫背のランナー〜姿勢を改善するための上半身筋トレ〜

猫背のランナー

リバース・フライ

リバースフライ

両脚を肩幅に開き、膝を曲げて股関節から身体を前に倒します。両腕を肩関節の真下に下げて、手のひらを内に向けておきます。顔は下に向けたままにしておきましょう。

手を広げる

手を大きく肩の高さにまで上げて元に戻します。

10回繰り返しましょう。これを2セット行います。

スキャプラ・プッシュアップ

スキャプラ

両手を肩幅に開き、床につけます。両脚を揃えて爪先立ちになりましょう。胸を張り、お尻を引き上げて身体を一直線にします。

この基本姿勢から肩を上げて、胸が床に近づくように左右の肩甲骨を寄せます。

背中を丸く

次に肩を下げ、背中を丸く持ち上げて左右の肩甲骨を離しましょう。

10回繰り返します。2セット行いましょう。

ワンレッグ・ニープッシュアップ

ワンレッグ

両手を肩幅に開き、床につけます。片脚の膝とつま先を床につけ、反対の脚は真っ直ぐに伸ばして浮かせます。

肘を曲げる

肘を曲げて、胸を床に近づけて元に戻します。

10回繰り返します。2セット行いましょう。

最後に

ランの時に姿勢が崩れないように胸を張り、肩甲骨から腕を振るようにしましょう。

関連記事

この記事へのコメントはありません。