1. ご案内

  2. 地図

胸・お腹・背中~女性の気になるボディーラインを整える~

美トレーニング

ボディーライン

張りのある美しいバスト、くびれのあるお腹周り、すらりとした後ろ姿、どれも気になりますね。均整のとれたボディーは多くの女性が手に入れたいと思うところです。今回はボディーラインを整え、筋肉を引き締めてメリハリのある身体へのトレーニングを行いましょう。

YouTube動画はこちらから
胸・お腹・背中~女性の気になるボディーラインを整える~

ボディーライン

プッシュアップ

このプッシュアップ、つまり腕立て伏せで期待できるのは美しい胸です。大胸筋を鍛えることで、胸の高さを出し、見た目に美しくバストアップが可能です。もちろんバストが垂れることの防止にも効果的。水着の似合うバストラインを作りましょう。

プッシュアップ

両手を肩幅より広めに開いて床につき、両足をそろえてつま先立ちになります。両手の指先をやや内側に向けて体を一直線にします。腕立て伏せがきつい方は膝を床につけて行ってください。

胸を下ろす

胸をまっすぐに両手の間に下ろします。この時、顔が両手の間に下りないように注意してください。両手と下ろした顔の額とで正三角形を作るように意識しましょう。動作はゆっくりと、脇が開きすぎないように動かしてください。

次に腕を伸ばして最初の姿勢に戻します。

10回繰り返しましょう。これを2セット行います。
ふっくらと上向きの美乳をめざして頑張りましょう。

対角線の腹筋

体幹を鍛えて、お腹周りの筋肉を引き締めることで、お腹をぺったんこにしてウエストを細くしていくトレーニングです。骨盤の姿勢を整える腸腰筋にも効果がありますよ!

対角線の腹筋

あおむけで、両脚を伸ばし、両手を頭の後ろで組みます。肩を床につけたままで、頭だけ浮かせておきます。

片脚を胸に

片脚を胸に引き寄せながら膝を曲げ、反対の肘を持ち上げて体をねじり、膝と肘をタッチします。

逆の膝と肘

つぎに逆の膝と肘を同様に対角線でねじり、タッチします。この時、背中は丸くなってもかまいません。

左右交互を1回として10回繰り返しましょう。2セット行います。

下腹ぽっこりに対して効果のあるトレーニングなので苦しくても続けてください。皮下脂肪、内臓脂肪のつきやすい部分なので、食生活もあわせて気を付けていきましょう、理想のくびれたウエストを作りましょう。

レッグレイズ

このトレーニングはぽっこり出たお腹、たるんでしまったお腹を引き締めます。お腹の中央の筋肉、腹直筋に効果があるので、しっかりと鍛えると割れた腹筋も作れます。

レッグレイズ

あお向けで脚を伸ばして揃えます。両手は手のひらを下にして床につけましょう。

床に90度

お腹の筋肉、腹直筋を意識して両脚を伸ばしたまま、ゆっくりと床に対して90度になるまで上げていきます。

床に脚をつけない

ゆっくりと脚を戻します。再び、脚を上げましょう。この時、背中が反らないように注意してくださいね。慣れたら床に脚をつけないようにすると運動強度が上がるので試してください。

10回を2セット行います。

両手両足反らし

背中の広い部分を覆っている広背筋を鍛えます。身体の後ろ姿全体がすらりと伸び、お尻も引き締める効果があります。トレーニングを続けると猫背にも効果があり、正しい姿勢をつける効果もありますよ!

両手両足そらし

うつ伏せになり、手のひらを立てて、肩幅より少し広めに頭の上に真っ直ぐに伸ばします。両脚も同じ幅ぐらいに広げ、まっすぐ足先を伸ばしましょう。

おへそを中心に

おへそを中心にしてゆっくりと手足を持ち上げます。勢いをつけて持ち上げると腰を傷めるので注意してください。

体の反らしすぎに注意しながら最初の姿勢に戻り繰り返しましょう。

10回を2セット行いましょう。

手だけ、脚だけ持ち上げても広背筋への効果は少ないです。お腹の力を使って持ち上げるようにしてください。また、腰が痛い方は無理しすぎないようにしてくださいね。

最後に

お盆を過ぎてしまいましたが、まだまだ薄着の季節。どの角度から見られても美しい身体のラインをキープするトレーニングを続けるとダイエット効果だけでなく、姿勢もよくなるので継続して行いましょう。

関連記事

この記事へのコメントはありません。