1. LINE予約&無料相談

    LINEで簡単予約・無料相談

  2. 料金

    施術料金の目安

  3. 施術について

    痛みのない生活へ

  4. 地図・受付時間

    橋本接骨院の地図情報

股関節ストレッチ3〜ランニングを安全に楽しむために〜

ストレッチ 股関節・臀部・お尻

ランニングを安全に

股関節が硬いとデメリットも多く、ケガのリスクも高くなります。身体を安定させ、大きな力を出すために必要な股関節。ランニングを安全に楽しむためにも、ストレッチの習慣化が大切です。
ストレッチの際には自分のペースで無理なく行いましょう。強引な力を込めずに心地よい強さで行い、コツコツ継続していくと硬い股関節も柔軟性が高まります。より健康で安全なランニングライフのためにも日々、ストレッチをしていきましょう。

YouTube動画はこちらから
股関節ストレッチ3〜ランニングを安全に楽しむために〜

股関節ストレッチ3

腰からお尻へのストレッチ

腰からお尻

床に両足を投げ出して座り、片脚の膝を曲げて、脚をクロスさせて伸ばした足の外側に足をつけます。

腕を伸ばす

腕を伸ばして肘を曲げた膝の外側に当て、伸ばした膝の外側に手を置き、肘で膝を押さえるようにして上体をひねります。

反対の足も

30秒間キープしましょう。反対の脚も同様に行います。

股関節前面のストレッチ

股関節前面

床に座り片脚の膝を曲げ前に置き、後ろの脚をつま先まで伸ばします。両手を床に置いて身体を支えながら脚の付け根を前後に広げます。この時、後ろの足の甲を床につけるようにしましょう。

30秒間キープしましょう。反対の脚も同様に行います。

股関節全方位の動的ストレッチ

股関節全方位

片脚の膝を曲げ前に出し、後ろの脚は後方に伸ばしてつま先を立てます。手を脚の内側に置き、股関節が前後に開くように身体を低い位置に下げていきます。
ここから股関節を動かしていきますが、無理に大きな動きをする必要はありません。反動をつけずに行いましょう。痛い方はこの姿勢のままキープしてもストレッチ効果はあります。
上下に10回体をゆすりましょう。
次に左右10回にゆすります。

脚を入れ替えて反対側も同様に行います。

余力があれば内回し、外回しを加えてみましょう。

最後に

ストレッチには次の4つのことが大切です。
1、呼吸を止めない
2、反動をつけない
3、痛くない範囲で
4、伸ばしている筋肉を意識する
では、楽しく、心地よいストレッチで疲労を回復させましょう。

関連記事

この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. 気持ちよく簡単にできる基本のストレッチ②

  2. 気持ちよく簡単にできる基本のストレッチ①

  3. しなやかボディーをつくるストレッチ

  4. 自宅で簡単!ダンベルトレーニングで代謝を上げる