1. LINE予約&無料相談

    LINEで簡単予約・無料相談

  2. 料金

    施術料金の目安

  3. 施術について

    痛みのない生活へ

  4. 地図・受付時間

    橋本接骨院の地図情報

肩甲骨を「ほぐす」ストレッチポール

ストレッチポール 首・肩・肩甲骨

ストレッチポール

ストレッチポールの上であお向けになると、背骨のカーブが伸びて肩甲骨が動かしやすい姿勢になります。ポールの上で腕や肩を大きく動かして肩甲骨の動く範囲を広げましょう。
肩甲骨がよく動くようになると背中のコリがとれ、胸が開いて姿勢が良くなりますよ!

YouTube動画はこちらから

腕のスライド

腕のスライド

ストレッチポールの上にあお向けになり、両膝を立て、両手は手のひらを上にして安定する位置に置きます。肘から甲まで床につけたまま腕を上に滑らせましょう。

上にスライド

上にスライドしていくと肘が床から離れそうになる位置があります。そこまで来たら、下へ滑らせます。10回繰り返しましょう。

腕の挙上

腕の挙上

あお向けで前腕の肘に近いところを両手でつかみ、腕を真上に上げて肩を床から遠ざけるようにぐーっと伸ばします。

頭の上に

次に腕をつかんだまま頭の上に動かし10秒間キープしましょう。この動きを3回繰り返します。

腕の横倒し

腕の横たおし

さきほどと同じように、あお向けで腕をつかんだまま腕を持ち上げてから、腕をつかんだまま横に倒し、10秒間キープします。このとき背骨がポールからずれたり、背中を曲げないように注意してください。

反対側に

左右交互に3回ずつ繰り返しましょう。

最後に

ポールの上であお向けになると筋肉に余計な力が入らずに、ほぐれやすくなります。今回のポール運動で腕の付け根は肩ではなく、肩甲骨だというのが実感できたと思います。普段、意識しないで使っている肩回り、肩甲骨を意識して動かすと体はもっと柔らかくなり、姿勢も美しくなりますよ!

関連記事

この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. 気持ちよく簡単にできる基本のストレッチ②

  2. 気持ちよく簡単にできる基本のストレッチ①

  3. しなやかボディーをつくるストレッチ

  4. 自宅で簡単!ダンベルトレーニングで代謝を上げる