1. LINE予約&無料相談

    LINEで簡単予約・無料相談

  2. 料金

    施術料金の目安

  3. 施術について

    痛みのない生活へ

  4. 地図・受付時間

    橋本接骨院の地図情報

バランスボールで基本のトレーニング

バランスボール

バランスボールで基本の筋トレ

いつもの筋肉トレーニングでもバランスボールを使うと全身の筋肉を使うことになります。不安定な状態で筋肉トレーニングをするわけだからグラグラしてしまいます。意識しなくても体中の筋肉が総動員され、よりたくさんの筋肉を強くすることができます。
まずは基本の動きをバランスボールの上でしてみましょう。

YouTube動画はこちらから

プランクロウイング

プランクロウイング

肘を曲げてボールの上に置きます。膝をついて足の甲をゆかにつけましょう。

腕を伸ばす

腕を前方に伸ばして、ボールを前に転がしましょう。腕を伸ばしきったら、肘を曲げてゆっくりと戻しましょう。

10回行いましょう。

デクラインプッシュアップ

デクラインプッシュアップ

両手を肩幅より広めの幅で床につきます。両足のつま先を立ててバランスボールの上に乗せます。頭からかかとまで一直線にして、姿勢をキープしながら肘を曲げ、胸が床に近づいたら、ゆっくりと戻します。

10回行いましょう。

バランスボールクランチ

バランスボールクランチ

バランスボールの上に背中を乗せます。足は腰幅で膝を直角に曲げます。

上半身を起こす

両手を頭の後ろで組んで上半身を起こしていきます。背中の下部までボールから離れたら元に戻しましょう。

10回行いましょう。

ツイストクランチ

ツイスト

バランスボールクランチの姿勢からお尻に力を込めながら、体をゆっくり斜めにねじり上半身を起こします。次にゆっくり元の位置に戻し、反対側にねじりながら起こしましょう。

10回行いましょう。

サイドリフト

サイドリフト

横向けになり、両足でバランスボールをはさみます。腕は下側は頭の上に伸ばし、上側の手は胸の前に置いて安定させます。

バランスボールを足ではさんだまま床から真上に浮かせます。足が前後に動かないように注意して、上がりきったら戻しましょう。

10回繰り返したら反対側も同様に行いましょう。

最後に

バランスボールは丸く、不安定で弾性があり、その特徴を活かして様々なトレーニングをすることができます。トレーニング方法がどうしてもワンパターンになってしまうという方におすすめです。なかなか鍛えられないインナーマッスルも強くなるし、筋肉のバランスが整い、姿勢が良くなる効果も期待できます。

関連記事

この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. しなやかボディーをつくるストレッチ

  2. 自宅で簡単!ダンベルトレーニングで代謝を上げる

  3. 怠けた筋肉に刺激を入れるエクササイズ

  4. くびれを作る美トレーニング