1. LINE予約&無料相談

    LINEで簡単予約・無料相談

  2. 料金

    施術料金の目安

  3. 施術について

    痛みのない生活へ

  4. 地図・受付時間

    橋本接骨院の地図情報

疲れにくい脚をつくるストレッチ

ストレッチ

脚のストレッチ

年齢を重ねると、衰えてくるのは脚の筋力だけではありません。年齢とともに柔軟性も衰え、それがケガや代謝の低下を招いたり、疲れやすい体を作る原因にもなっていたりもします。 体を支え、動きの起点となる下半身。疲れさせないためにもストレッチを行いましょう。

YouTube動画はこちらから

フォワードキックの動的ストレッチ

フォワードキック

イスまたは壁などの横に立ち、片手を安定するところに置きます。

足タッチ

同じ側の脚を大きく振り上げ、反対の手は頭の上に上げてから足先をタッチします。

10回繰り返したら反対側も同様に行いましょう。

バックキックの動的ストレッチ

バックキック

同様に安定したイスなどに手を置き、前に蹴りだしてスタートさせ、勢いよく片脚を後方に蹴り上げます。お尻にかかとがタッチするつもりで動かしましょう。

10回繰り返したら反対側も同様に行いましょう。

大腿四頭筋の静的ストレッチ

大腿四頭筋

床に座り、片膝を曲げてかかとをお尻につけます。反対の脚はまっすぐ前に伸ばしておきましょう。上半身後ろに倒してから腰を横にねじりながらキープしましょう。

20秒キープします。反対側も同様に。

ハムストリングスのストレッチ

ハムストリングス

あお向けになり、片脚を膝を曲げて持ち上げ、両手で膝裏を抱えて胸に向けて引き寄せます。反対の脚は伸ばしておきましょう。次に曲げた膝を伸ばしきれるところまで伸ばしてキープします。

20秒キープします。反対側も同様に。

ヒラメ筋のストレッチ

ヒラメ筋

片膝を立てて座り、曲げた膝を床につけてつま先を立てます。立てた膝に両手を置き、かかとを床につけたまま胸を前にもっていくように押し付けましょう。

20秒キープします。反対側も同様に。

最後に

ストレッチを無理なく続けるためには、たくさんの種類をするよりも、一つひとつのストレッチを丁寧に行いましょう。慣れるまでは、力で無理に伸ばしたりしようとせず、リラックスしながら、可能な限り伸ばせるところまで探りながらストレッチしてください。

関連記事

この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. 腹筋運動ができない人はまず腹圧を高めよう

  2. つまづきやすい、脚が上がりにくいを改善する腸腰筋エクササイズ

  3. ハムストリングスの硬さを改善して肉離れを予防する

  4. 正しい姿勢を作る簡単エクササイズ