ツラい肩こりを解消するストレッチポール

フォームローラー・ストレッチポール・筋膜リリース

ストレッチポール

現代病とも言われている肩こり。デスクワークや前かがみになる仕事をされている方に多いですね。ストレッチポール、フォームローラーなどを使って一緒に肩甲骨、首をほぐすエクササイズをしていきましょう!

YouTube動画はこちらから

まずは乗ってみましょう

乗ってみましょう

頭とお尻がストレッチポールからはみ出さないように乗ってください。両膝は軽く曲げて立てましょう。手のひらは下に向けておきます。この状態で寝ているだけでも左右の肩甲骨が広がります。

力を抜いてリラックスしながら30秒間キープしてみましょう。

この姿勢を基本姿勢としてエクササイズを始めていきます。

肩と胸のストレッチ

肩と胸のストレッチ

基本姿勢からスタートです。手のひらを上に返して両腕を肩の位置まで広げていきましょう。大きく呼吸しながらリラックスします。

30秒間キープしましょう。

手足の対角

手足の対角

基本姿勢からスタートします。手の甲が下になるように前腕を床につけ、片方の腕をゆっくり頭の上へ伸ばします。次に反対の脚をまっすぐ伸ばします。つま先を外に向けましょう。安定したらゆっくり呼吸します。

30秒間キープしましょう。

手の回転

手の回転

基本姿勢からスタートします。手のひらを床に向けます。体の力を抜いて、両手だけで床を磨くように円を描きます。大きく動かさず、小さく回してくださいね。

10回回転させたら反対方向にも回しましょう。

腕の上げ下げ

腕の上げ下げ

両腕を天井に向かって前ならえをするように上げていきます。
背骨はストレッチポールにつけたまま、肩甲骨を浮かせるようにします。次にゆっくり肩甲骨を戻しながら腕を下ろします。

10回繰り返しましょう。

腕の開閉

腕の開閉

手のひらを上にして、できるだけ床から手が離れないように、両腕をいったんストレッチポールに近づけ脇を締めます。

腕を頭に

床から手が離れないように、脇を開いて腕を頭に近づけます。つっぱりを感じたらそこで止め、元の位置に戻します。

10回繰り返しましょう。

背骨のコロコロ

背骨のコロコロ

基本姿勢のまま肩甲骨の間で少しだけストレッチポールを転がすようにします。慣れてきたら、大きく動かしてみましょう。

10回繰り返しましょう。

効果を確認

効果を確認

エクササイズが終わった後、ストレッチポールから降り、背中を床につけて、仰向きに寝てみてください。背中が伸びているのがわかると思います。

最後に

ストレッチポールに乗るだけで、背骨を中心とする胴体部分の骨と筋肉のバランスが改善され、つらい肩こりや不調の原因を取り除く効果があります。

関連記事

この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. 昼間なのにやたら眠気を感じる人におすすめ!自律神経を整えるためのス…

  2. 1日たった3分でできるツライ肩こり解消ストレッチ

  3. イスを使うといつもより気持ちよく伸ばせるストレッチ

  4. 自分で押してみよう!頭痛や肩こりに効く頭のツボ紹介