身体が疲れた時に元気回復ストレッチ

ストレッチ

元気ストレッチ

疲れた時にこそして欲しい7つのストレッチ

ストレッチには筋肉の柔軟性を高める以外にも、血流を促進して体の隅々に栄養を運び、蓄積された疲労物質を取り除く働きもあります。つまり、ストレッチで元気を回復させるということ!
しっかりと体を動かしながら元気をとりもどしましょう!

YouTube動画はこちらから

首のストレッチ

首

足を肩幅に開き、背中を伸ばしてあごを上げ、視線を上に向けます。両手はだらっと体の横に垂らしてください。

20秒間キープしましょう。

脚の付け根のストレッチ

足の付け根

踏み台、又は階段などに片足を乗せ、膝を曲げて前の脚に体重をかけます。手は膝の上に添えておきます。

20秒間キープしましょう。反対側も同様に

ふくらはぎのストレッチ

ふくらはぎ

足を大きく前後に開きます。つま先は前に向け、両手は腰に添えましょう。

前足の膝を曲げて腰を落とします。後ろの脚はかかとを床につけたままにしてください。

20秒間キープしましょう。反対側も同様に

太もも裏のストレッチ

太もも裏

足を肩幅に開いて立ち、両手を腰の後ろで組みます。軽く膝を曲げて上体を前に倒し、後ろで組んだ手を引き上げます。

20秒間キープしましょう。

股関節のストレッチ

股関節

足を大きく前後に開いて後ろ脚の膝を床につけます。両手は頭の後ろで組んで、体重を前に移動させましょう。

20秒間キープしましょう。反対側も同様に

太もも内側のストレッチ

太もも内側

足を出来るだけ大きく開き、両手は腰に添えます。つま先と膝を斜め45度に開きましょう。

腰を深く落としてキープします。

20秒間キープしましょう。

わき腹のストレッチ

わき腹

両手を組んで天井に向けて引き上げます。足を大きく開いて背中を伸ばします。

上体を横に倒してキープしましょう。

20秒間キープしましょう。反対側も同様に

最後に

いつでもどこでも道具いらずに出来るのがストレッチの良いところ。今回は立ったままできるストレッチが中心なので、体に疲れを感じたらすぐに行ってみて下さい。

関連記事

この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. 股関節の動きを良くしてしゃがむ動作を楽にするストレッチ

  2. 変形性膝関節症には筋力をつけるトレーニングを

  3. 体が硬い方にやってもらいたいストレッチ!ストレッチ編

  4. 体が硬い方にやってもらいたいストレッチ!柔軟性チェック編