タオルで簡単に体の歪みをリセットする〜上半身編〜

姿勢

タオル整体

美しい姿勢をつくるタオル体操

寝転がってテレビを見たり、バッグを同じ手で持つなど、ちょっとした日常のバランスの偏りも、積み重なれば「歪み」になります。バランスよく体を真っ直ぐにする意識を持つこと。これが美しい姿勢を作る近道です。

YouTube動画はこちらから↓

1体幹の傾きを整える

体幹の傾き

足を肩幅に開いて立ち、胸の前でタオルを肩幅の広さで持ちます。

タオルをゆるませないようにし、そのまま両腕をまっすぐ上に、耳の横まで持ち上げましょう。

横に倒す

次に骨盤から下は動かさず、口から息を吐きながら体を傾けましょう。

鼻から息を吸いながら体を元に戻して、反対側にも同様に行う。

反対にタオル

10回くりかえしてくださいね。

2丸くなった肩を改善

丸い肩

両足を肩幅に開いて立ち、タオルを肩幅の広さで持ちます。タオルをピンと張り、両腕を真っ直ぐに持ち上げましょう。

タオルを下ろす

口から息を吐きながら肘を引き、タオルが頭の後ろを通って肩にくるくらいまでゆっくり下ろして10秒キープします。次に鼻から息を吸いながら、タオルを頭上に戻しましょう。10回くりかえしましょう。

3体のねじれを整える

体のねじれ

両足を肩幅に開いて立ち、タオルを肩幅の広さで持ちます。タオルをピンと張り、両腕をまっすぐに肩の位置まで持ち上げましょう。

横に回す
反対側も

口から息を吐きながら両腕を片側へ動かします。鼻から息を吸いながら両腕を正面に戻し、反対側も同様に行う。10回繰り返しましょう。

4上半身のねじれをとる

四つ這い

床に四つん這いになります。両手は肩の真下に、膝は足の付根の真下にくるように、骨盤から首まで真っ直ぐ伸ばしましょう。

肘を上げる

そのままの姿勢で片腕を上げ、頭の後ろに添えます。背骨を軸にして、口から息を吐きながら、上体を上にひねり、10秒間キープしましょう。

その後、鼻から息を吸いながら、体を元の上体に戻します。反対側も同様に。左右10回繰り返しましょう。

5上半身を真っ直ぐに保つ

上半身をまっすぐに

両脚をこぶし1個分開いて立ち、片脚を後ろに引き、真っ直ぐ伸ばしてつま先立ちになりましょう。手の平からつま先まで一直線になるように、引いた足と同じ側の腕を真っ直ぐ伸ばします。

床と並行に

次に一直線に伸ばした手から足先が、床と平行になるまで倒して、5秒間バランスを保ちましょう。再び直立状態に戻り、反対側も同様に行います。左右10回繰り返しましょう。

関連記事

この記事へのコメントはありません。