姿勢を整え体の歪みををリセットする~下半身編

姿勢 腰・骨盤

骨盤

年齢を重ねると弱るのは脊柱起立筋や腸腰筋、大腿四頭筋といった姿勢を保つ筋肉。これらの筋肉を意識して動かし、鍛えることで姿勢が安定します。老化の悪循環を断ち切り、将来的に介護が必要のない健康的な体作りに役立ちます。

YouTube動画はこちら

1.左右の骨盤のゆがみを調整

左右の骨盤

足を肩幅に開いて立ち、両手で骨盤を押さえます。

円を描く

両足と頭の位置を変えないようにして、できるだけ大きな円を描くように、骨盤を回しましょう。10回ほど回したら逆回転も同様におこないます。

2.左右のバランスを戻す

左右のバランス

足を大股に1歩分、横に広げ、左右のつま先を外側に向けます。膝が90°になるまでしゃがみ、両手を膝に置きましょう。

肩を落とす

口から息を吐きながら、上体ををひねり、片側の肩を内側に倒します。

鼻から息を吸いながら体を正面に戻し、左右を変えて同様に行います。10回繰り返しましょう。

3.腰のねじれを元に

腰のねじれ

両足をこぶし1個分開いて真っ直ぐ立ちます。肘を肩の真横に開いて90°曲げ、手の平を正面に向けましょう。

足を上げる

次に片側の太ももを床と平行になるまで上げます。

体をねじる

口から息を吐きながら、脚をあげたまま、あげた脚の方向に体をひねり、鼻から息を吸いながら戻しましょう。左右を変えて10回行います。

4.前後のバランスを整える

前後のバランス

両足をこぶし1個分開いて真っ直ぐ立ちます。

両腕を頭上に真っすぐ伸ばし、手の平は正面を向けましょう。

前に倒す

姿勢を保ちながら、口から息を吐き、両膝を曲げて股関節から背骨を前に倒します。

膝を伸ばす

お尻を後ろに突き出したまま、両膝だけを真っ直ぐ伸ばしましょう。鼻から息を吸いながら膝を伸ばします。この一連の動きを10回繰り返しましょう。

お尻を後ろに突き出したまま、鼻から息を吸いながら両膝だけを伸ばします。

関連記事

この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. 足首のブレを抑えて安定させる筋力トレーニング

  2. 腰、股関節そして膝関節のブレを抑えて安定させるための筋肉トレーニン…

  3. 腰まわりの筋肉をほぐすストレッチ

  4. じんわり気持ちいい!背骨のねじりストレッチ