鍛えにくい部位をセラバンドで簡単トレーニング

セラバンド・チューブトレーニング

セラバンドトレーニング

鍛えにくい部位でもセラバンドがあれば簡単にトレーニングすることが出来ます。セラバンドをはじめ、チューブを使ったトレーニングは運動習慣がない方でも軽めの運動から取り組むことができます。また、使い方も握るだけで簡単なため初心者が活用しやすい道具です。

YouTube動画はこちらから

ロウイング

ロウイング

床に脚を伸ばして座り、セラバンドを両足の裏に引っ掛け、クロスさせて、膝は軽く曲げておきます。

バンドを引っ張る

背中を丸めた状態からバンドを引っ張り、背中を反らせます。

10回、2セットを繰り返しましょう。

サイドレイズ

サイドレイズ

セラバンドを両足で踏み、足を腰幅に開きます。バンドをクロスさせて握り、親指を下に向けます。

両腕を引き上げる

両腕が床と水平になるように引き上げましょう。

10回、2セットを繰り返しましょう。

デッドリフト

デッドリフト

先ほどと同様に、バンドを踏んだまま、上体を前に倒してバンドを短くそれぞれの手で握ります。

上体を起こす

上体を起こして戻します。

10回、2セットを繰り返しましょう。

レッグ・アブダクション

レッグアブダクション

セラバンドをイスの脚に引っ掛け、イスの横に立ち、イスから離れた方の足首にもバンドを引っ掛けます。通常のセラバンドではあらかじめ輪っかを作っておきます。今回は引っ掛ける輪っかがついたセラバンドCLXを使用しています。イスの背もたれをつかみ、反対の手は腰に添えます。

脚を外に

脚を外に開き、戻します。

10回、2セットを繰り返しましょう。反対の脚も同様に行いましょう。

最後に

セラバンドでのトレーニングは、上げるとき下げるとき、引っ張るとき戻すときなど常にチューブの負荷がかかります。そのため鍛えたい部位を常に意識でき、トレーニング効果が高まりやすくなります。

関連記事

この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. 股関節の動きを良くしてしゃがむ動作を楽にするストレッチ

  2. 変形性膝関節症には筋力をつけるトレーニングを

  3. 体が硬い方にやってもらいたいストレッチ!ストレッチ編

  4. 体が硬い方にやってもらいたいストレッチ!柔軟性チェック編