セラバンドで楽々ストレッチ

セラバンド・チューブトレーニング

セラバンド

トレーニングとしてセラバンドやチューブを活用されている方は多いですが、ストレッチを行うにも優れモノです。筋肉や関節がちゃんと伸ばせて気持ちいいですよ。トレーニングの後にやってみましょう。セラバンドがなくてもタオルなどを出来るので、ぜひお試しください。今回はセラバンドを2つ折りにして使用しています。

YouTube動画はこちらから

太もも裏側

太もも裏

あお向けに寝転がり、片足の裏にバンドを引っ掛けて両端を両手で握ります。

片足をまっすぐに

バンドを引っ張りながら片脚をまっすぐに伸ばしましょう。

20秒間キープしましょう。反対の脚も同様に行いましょう。

太もも内側

太もも内側

片足の裏にバンドを引っ掛けて同じ側の手でバンドの両端を引っ張りながら脚を垂直に上げます。さらにバンドを引っ張ったまま脚を横に倒しましょう。この時、肩を浮かせないで床につけておきましょう。

20秒間キープしましょう。反対の脚も同様に行いましょう。

太もも前側

太もも前側

脚を前後に開き、前の脚は膝を立てて曲げます。後ろの脚は足首にバンドを引っ掛けて、膝を床につけて曲げます。バンドの両端をそれぞれの手で握り、肘を曲げながらバンドを引き寄せ、膝を深く曲げていきます。膝が床に当たって痛い方はバスタオルなどを敷いて行いましょう。

20秒間キープしましょう。反対の脚も同様に行いましょう。

わきの下

脇の下

床で膝立ちになり、両手でバンドを握り、肩幅より大きく手を開いて、頭の上に腕を伸ばします。肘を伸ばしたまま片方の腕で反対の腕を引っ張りながらわきの下を伸ばします。

20秒間キープしましょう。反対の脚も同様に行いましょう。

二の腕

二の腕

床で膝立ちになり、片手にバンドの端を握り、頭の後ろに腕を上げて肘を曲げ、背中にバンドを垂らします。反対の手でバンドをつかみ、腕を伸ばしてバンドを引き下げましょう。

20秒間キープしましょう。反対の腕も同様に行いましょう。

背中

背中

片足の裏にバンドを引っ掛けてクロスさせます。バンドを短く持ち、腕を伸ばして伸ばした脚の反対側に斜め後方に上体を傾けましょう。

20秒間キープしましょう。反対の脚も同様に行いましょう。

首の後面

首の後面

床にあぐらをかいて座り、バンドを頭の後ろに回し、両手でバンドをつかみ背中を丸めながら首を下げるようにバンドを引っ張りましょう。

20秒間キープしましょう。

首の側面

あぐらをかいて座り、頭にバンドを引っ掛けて片手で短くつかみます。腕の重みで首を横に倒しましょう。反対の肩が上がらないように注意しましょう。

20秒間キープしましょう。反対側も同様です。

最後に

セラバンドを上手に使うと伸ばしにくいところも伸ばせて気持ち良いですよ。

今回使用したセラバンドは橋本接骨院の受付でも販売しているので気軽にお問合せ下さいね。

関連記事

この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. 股関節の動きを良くしてしゃがむ動作を楽にするストレッチ

  2. 変形性膝関節症には筋力をつけるトレーニングを

  3. 体が硬い方にやってもらいたいストレッチ!ストレッチ編

  4. 体が硬い方にやってもらいたいストレッチ!柔軟性チェック編