むくみを解消するふくらはぎのエクササイズ

股・太もも・膝・足の痛み

ふくらはぎ

むくんでパンパンになっている脚のスッキリエクササイズ

ふくらはぎの血液やリンパの流れが良くなると、体内にたまった余分な水分や老廃物などむくみの原因を減らすことが出来ます。そのためにはふくらはぎの筋肉をゆるめ、股関節をやわらかくすることが大切です。

YouTube動画はこちらから

ふくらはぎの筋膜リリース

床にあお向けで寝転がり、片膝を立てて、反対の足首を膝の上に乗せます。

筋膜リリース

支えている膝、骨盤がぐらついたり倒れないように固めたまま、膝に乗せた脚を前後にスライドさせます。

20回繰り返しましょう。反対の脚も同様に行います。

かかとの上下運動

踵の上下

脚を腰幅に開いてまっすぐに立ちます。両手は頭の後ろで組み、胸を張り、正面を向きます。

この状態でかかとを上げ下ろしします。背中が丸まったり姿勢が崩れないように注意してください。

20回繰り返します。2セット行います。

脚パカ

足パカ

あお向けになり、壁に脚を立てかけましょう。

足を開く

そこからゆっくりと脚を開き、開き切ったところで止めたらゆっくりと戻し、脚をそろえます。内ももやお腹に力が入っていることを意識して行いましょう。ゆっくり行うことで効果が出ます。

30回繰り返しましょう。

股関節のストレッチ

股関節

片足でまっすぐに立ち、浮かした脚を支えている膝の上に乗せます。

両手で足首とスネをつかみ、股関節から上体を前に倒します。体がぐらつかないように注意してください。

壁に手をつく

どうしてもぐらついてしまう方は壁に手をついて、片手で脚をつかみましょう。

20秒間キープしましょう。反対側も同様に行いましょう。

太もも前面のストレッチ

太もも前面

床に横向きに寝転がり、両手で下の脚の膝を抱えて胸に近づけます。反対の脚はまっすぐに伸ばしておきましょう。

足首をつかむ

上の脚の足首を上の手でつかみ、かかとをお尻に引き付けます。この時、頭は床につけておきます。

さらに後方へ

引っ張った脚をさらに後方に引きキープしましょう。反対の手はしっかりと膝を抱えたままでいてください。

20秒間キープしましょう。反対側も同様に行いましょう。

最後に

一日、デスクワークや運動不足で、気がつけば夕方、脚がむくんでパンパンになっているということも多いですよね。今回のエクササイズは1日の終わりにお風呂上がりなどにリラックスしながら行うと効果的ですよ!

関連記事

この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. 昼間なのにやたら眠気を感じる人におすすめ!自律神経を整えるためのス…

  2. 1日たった3分でできるツライ肩こり解消ストレッチ

  3. イスを使うといつもより気持ちよく伸ばせるストレッチ

  4. 自分で押してみよう!頭痛や肩こりに効く頭のツボ紹介