【猫背改善プログラム1】猫背をなおして姿勢をよくするエクササイズ

姿勢・骨盤・肩甲骨を整える

猫背

長時間のデスクワークやスマホの見過ぎなどで、胸の筋肉が縮こまり、身体は丸くなり、骨盤が後傾してしまう姿勢が猫背の姿勢です。姿勢は人の第一印象を決める要素のひとつ。どんなときでも背筋がピンと伸びた姿勢が理想ですよね。まずは今回の基本のエクササイズで猫背の姿勢を整えましょう。

YouTube動画はこちらから

背中の屈伸

背中の屈伸

仰向けで両膝を立てて、背中の下に枕を入れ、頭の下に両手を添えます。

鳩尾

みぞおちを覗き込み、そこに体重を乗せるイメージで身体を起こして背中を伸ばす。

そしてゆっくりと最初の姿勢に戻します。

一連の動きを20回繰り返しましょう。

ネコの姿勢

ネコの姿勢

四つ這いの体勢で背中を反らします。

覗き込む

次にあごを引いて、おへそを覗き込むように背中を丸めます。

再び最初の姿勢に戻り、一連の動きを20回繰り返します。

からだ一直線

からだ一直線

脚を伸ばして座り、手を後方に置きます。

一直線

腰を上げて、頭からかかとまで一直線になるようにキープしてお尻を下ろす。

この動きを20回繰り返します。

胸から腕のストレッチ

腕から胸

四つ這いになり片手を前に伸ばし、反対の手は肘を曲げて横を向けた顔を乗せます。

体を沈める

身体を沈めるように床に近づけ20秒間キープします。

反対側も同様に行いましょう。

お尻のストレッチ

あぐらをかいて座り、両手を前に置きます。そして片側の脚を後ろに伸ばします。

肘をつける

手を合わせて肘を床につき、身体を前に倒して曲げた膝の上に体重をかけてお尻を伸ばします。

20秒間キープしましょう。

反対側も同様に行います。

背中のストレッチ

背中

四つ這いの姿勢になります。

腕を伸ばして

腕を伸ばして、つま先を立てた状態で身体を床に沈めて背中を伸ばします。

このまま20秒間キープしましょう。

ハムストリングスのストレッチ

ハムストリングス

仰向けで、まず両脚を床から垂直に上に伸ばします。

膝を軽く曲げ両手で左のふくらはぎを持ちます。

反対の右脚を伸ばして、床につかないように注意してギリギリのところで5秒間キープしたら再び上に戻します。

5回繰り返したら反対の脚も同様に5回繰り返しましょう。

最後に

猫背の姿勢はカッコ悪く見えるだけではなく、腰痛や肩凝りの原因になったり、背中を通る神経が背骨の歪みで圧迫されたり、自律神経が乱れたり、血流やリンパの流れが悪くなったりと、身体によくないことばかりです。姿勢の気になる方、腰痛、肩が重たい方は姫路市の橋本接骨院にお越しください。

関連記事

この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. 腹横筋と多裂筋を鍛えて慢性の腰痛を解消

  2. たくましい脚にするふくらはぎのトレーニング

  3. 猫背によって衰えてしまった筋力と正しい姿勢を取り戻すエクササイズ

  4. 1日5分で効率よくメリハリボディーをつくるトレーニング