肩・首のコリを7つのストレッチで解消

ストレッチ

ストレッチ

デスクワークや運動不足、姿勢の崩れやスマホの見過ぎ、首・肩のコリには様々な原因が関与します。慢性化すると、頭痛、めまい、眼精疲労などを伴うこともあります。肩・首のこりによる痛みや不快感は、もともとの猫背や前かがみの姿勢を続けることなどによって、筋肉が緊張して血行が悪くなることで生じます。このような筋肉の状態に、ストレスや、座りっぱなしで動かないことなどが加わると、筋肉の緊張がさらに増し、症状を強く感じるようになります。
ストレッチで筋肉をほぐし、首や肩甲骨の動きを良くすることが、肩こり解消につながります。

YouTube動画はこちらから

1.首の側屈ストレッチ

側屈

イスに座り、片手を反対側の側頭部に置きます。腕の重みを利用して首を真横に倒しましょう。反対の腕は力を抜いて垂らしておきましょう。

20秒間キープしましょう。反対側も同様に行います。

2.首の前屈ストレッチ

前屈

イスに深く座り、背中を伸ばして両手を頭の後ろに組みます。背中を伸ばしたまま肘を寄せて、腕の重みを利用して首だけを前に倒しましょう。

20秒間キープしましょう。

3.首の斜め前屈ストレッチ

斜め前屈

イスに深く座り、背中を伸ばして両手を頭の後ろに組みます。背中を伸ばしたまま肘を寄せて、腕の重みを利用して、わきの下を見るように首だけを斜めに前へ倒しましょう。

20秒間キープしましょう。反対側も同様に行います。

4.背中の前屈ストレッチ

背中

イスに座り、肩の高さで両手の指を組んで伸ばします。背中を丸めながら伸ばした腕を前に押し出し、胸の前で大きなボールを抱えるイメージで肩甲骨を左右に開きます。

20秒間キープしましょう。

5.体幹の側屈ストレッチ

体幹

イスに座り、背中を伸ばして両腕をまっすぐに上げ、手のひらをクロスして合わせます。肘を伸ばして天井に向けて突き上げたら、上体を真横に曲げましょう。

20秒間キープしましょう。反対側も同様に行います。

6.胸を開くストレッチ

胸を開く

足を腰幅に開いて床に立ち、両腕を後ろに伸ばして手を組みます。組んだ両手を持ち上げながらあごを軽く反らせましょう。

20秒間キープしましょう。

7.肩の後方ストレッチ

肩の後方

足を腰幅に開いて床に立ち、背中を伸ばして胸を張ります。片肘を曲げて頭の上に上げます。肘を反対の手でつかみ、頭の後ろに引きましょう。

20秒間キープしましょう。反対側も同様に行います。

最後に

今回は気軽に実践出来るストレッチを紹介しました。疲れがピークになる前に、こまめにセルフストレッチで辛い肩・首のこりを緩和させてみてください。

関連記事

この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. 体が硬い方にやってもらいたいストレッチ!ストレッチ編

  2. 体が硬い方にやってもらいたいストレッチ!柔軟性チェック編

  3. バランスボールを使って不安定な姿勢を制御するプログラム

  4. 長時間のドライブで固まった体をほぐすストレッチ