腕の疲れを感じたらその場でして欲しいストレッチ

指・手・腕・肩の痛み

腕の疲れ

普段、意識せずに使っている手や腕。知らず知らず疲れもたまりやすい部位です。
気が付いたときにすぐにその場でストレッチをして腕の疲れを解消しておかないと慢性的な肩こりや腱鞘炎の原因にもなります。

YouTube動画はこちらから

前腕伸筋伸ばし

包み込む

イスに座り、胸の前で肘と手首を深く曲げます。反対の手で手の甲を包むように握りましょう。包まれた手は指の付け根は曲げ、指先は伸ばしておきます。

腕を伸ばす


手首を曲げたままでキープするようにしっかりと手で包み込んだ腕をゆっくりと斜め下前方へ伸ばしていきます。肘が伸びきったら20秒間キープしましょう。反対の手も同様に行います。

指を曲げる

次に指をすべて曲げて先ほどと同様にストレッチしましょう。

前腕屈筋伸ばし

前腕屈筋

イスに座り、腕の手のひら側を前に向け、人差し指から小指まで指先を反対の手でつかみ、太ももの上に置きます。

太ももを押し付ける


肘をゆっくりと伸ばし、太ももに手のひらを押し付けるように体重をかけましょう。
20秒間キープしたら反対の手も同様に行いましょう。

指を曲げる

次に指先の2つの関節を曲げ、反対の手で包むようにつかんで太ももの上に置き、同様に行います。

最後に

腕から指先までは多くの筋肉があり、指を伸ばした時、曲げた時でそれぞれストレッチされる筋肉は違います。すべての筋肉を痛くない範囲で心地よく伸ばすことが大切です。疲れを感じたらこまめにやってみましょう!

関連記事

この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. 体が硬い方にやってもらいたいストレッチ!ストレッチ編

  2. 体が硬い方にやってもらいたいストレッチ!柔軟性チェック編

  3. バランスボールを使って不安定な姿勢を制御するプログラム

  4. 長時間のドライブで固まった体をほぐすストレッチ