こり固まった股関節の動きを広げるストレッチ

ストレッチ

硬くなった股関節

股関節の動きは日常生活の中で動かしている範囲によって決定されます。普段の生活だけでは本来動かせる範囲の半分ほどしか動かしていません。なので意識して股関節を大きく動かさないと股関節の可動域は狭く、硬くなってしまいます。股関節を伸ばしたり、曲げたりすることを意識して、こり固まった股関節を柔らかくしましょう。

YouTube動画はこちらから

股関節を伸ばすストレッチ

伸ばす

イスの一歩前に立ち、片足の膝とすねを座面に乗せます。両手は腰に添えて背中をまっすぐにしておきます。

立っている膝を曲げて骨盤を前に押し出すようにして、イスに乗せている側の股関節を伸ばします。  

5秒キープしたら戻し、10回繰り返しましょう。反対の足も同様に。

股関節を曲げるストレッチ

曲げる

イスの一歩後ろに立ち、片足をイスの上に乗せます。両手で膝を押さえて背中を伸ばします。

上体を前に傾けて、膝を前に押し出すように重心を前に移動させ、股関節を深く曲げます。

5秒キープしたら戻し、10回繰り返しましょう。反対の足も同様に。

股関節をねじるストレッチ

ねじる

イスの一歩後ろに立ち、片足をイスの上に乗せます。乗せた側の手で膝を押さえます。

手で膝を押さえて内側に倒します。5秒キープしたら戻しましょう。

次に手で膝を外側に倒し5秒キープしたら戻します。

この一連の動きを10回繰り返しましょう。反対の足も同様に繰り返します。

股関節の内側を伸ばすストレッチ

内側

イスに座って背中を伸ばし、股関節を大きく開きます。左手で左内ももを外側へ押し、左肩を入れながら上体を右へひねって20秒キープ。反対側も同様に。

さらに負荷をかける場合、上体を前に倒して床に両手をつけ、20秒キープします。できる方は肘までつけてみましょう。

最後に

毎日ストレッチを続けている人の股関節は可動域が広く・柔らかく、運動を意識してされていない方の股関節は可動域が狭く・こり固まりやすいです。また腰や骨盤のゆがみや、姿勢の悪さも股関節が硬くなる原因となります。

関連記事

この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. 腹横筋と多裂筋を鍛えて慢性の腰痛を解消

  2. たくましい脚にするふくらはぎのトレーニング

  3. 猫背によって衰えてしまった筋力と正しい姿勢を取り戻すエクササイズ

  4. 1日5分で効率よくメリハリボディーをつくるトレーニング