初心者の部位別筋トレ~腕・胸編~

トレーニング・エクササイズ

筋トレ

基礎的な筋肉の力がついてきたら、部位ごとに分けてトレーニングをしていきましょう。継続して続けていくためにも、自分に合ったメニューを考えることが大切です。
今回のトレーニングは自重トレーニングを紹介します。自重トレーニングで全体的に大きな筋肉を鍛え、ある程度鍛えられてきたら、ダンベルなどを使ったトレーニングにも挑戦していきましょう。

YouTube動画はこちらから

パームカール

パームカール

右手のこぶしを握り、肘を90度くらいに曲げます。左手で下方向に力を加えながらで右の手首を握ります。

右手は、左手の力に逆らうように胸の前まで上げ、胸の前まで上げたら、力を抜かずにゆっくり下ろします。

10回繰り返しましょう。反対側も同様に行います。

プッシュアップ

プッシュアップ

床にうつ伏せになり、肩幅よりやや広めに両手を広げます。頭からかかとまでが一直線になるようにします。

ゆっくりと胸を床に近づけ、次に素早く引き上げます。胸が床に近くなるほど強度が上がります。

10回繰り返しましょう。

ワイドプッシュアップ

ワイド

床にうつ伏せになり、肩幅より広く手を広げます。頭からかかとまでが一直線になるようにします。

ゆっくりと胸を床に近づけ、次に引き上げます。

10回繰り返しましょう。

ナロープッシュアップ

ナロー

床にうつ伏せになり、肩幅より狭くなるように両手をつきます。頭からかかとまでが一直線になるようにします。

ゆっくりと胸を床に近づけ、次に引き上げます。

10回繰り返しましょう。

まとめ

トレーニングの後には、筋線維が損傷したり、疲労が蓄積しています。その後、休息をとることで筋力が回復し、結果として筋力の向上や筋肥大が見られます。
なので、毎日同じ部位ばかりトレーニングをするのではなく、トレーニングをする部位を変えながら筋トレをすることで、効果的にトレーニングを行うことが出来るので、同じ部位ばかり鍛えないようにしてください。

関連記事

この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. 左右の太ももの間にすき間をつくる内転筋トレーニング

  2. ランニング中に腰が痛くなってきた時の対処法

  3. ランニング後のクールダウンストレッチでじっくり伸ばして疲労回復

  4. ランニング前のウォーミングアップでケガの防止と正しいフォームをつく…