背中のコリをゆるめてスッキリする7つのストレッチ

ストレッチ

背中のストレッチ

デスクワークやスマホなどで姿勢が丸くなっていませんか?
背中や肩の筋肉が凝り固まり、肩こりや背中がつまったようなコリ、吐き気や腰痛に悩まされることも多いです。背中のこりをどうにかしたい方におすすめのストレッチを紹介します。

YouTube動画はこちらから

1.タオルストレッチ

タオルの両端

タオルの両端を持ち、あぐらで座ります。タオルがピンと張った状態を保ちながら、両腕を頭の上に伸ばします。

左右回転

背骨をまっすぐにして上半身をゆっくり大きく左右交互に回転させます。

10回動かしましょう。

2.猫ポーズ

猫

床に四つ這いになり背中を丸めて5秒間キープします。この時頭はおへそをのぞくように下げて下さい。

背中をそらす

次に顔を起こして背中を反らせて5秒かキープします。お腹が床に近づくイメージで反らしましょう。

10回繰り返します。

3.背中伸ばしのストレッチ

背中のばし

四つん這いになり、両手をできるだけ前に置きます。胸を床に近づけるように背中を伸ばしましょう。

20秒間キープします。

4.背中ねじりのストレッチ

背中ねじり

あお向けに寝転がり、片足の股関節、膝関節を直角に曲げます。

曲げた足を床に近づくように倒し、反対側の手で膝を押さえてしっかりと床につけます。押さえている手と反対側の腕を後方に開き、腕を床に近づけるように伸ばしましょう。膝を床につけたままになるように注意してください。

20秒間キープしましょう。反対側も同様に行います。

5.わき腹のストレッチ

わき腹

床に立ち、足を腰幅に広げます。頭の上に腕を伸ばし、それぞれの肘をつかみます。このまま肘を抱えるように体を横に倒しましょう。

20秒間キープしましょう。反対側も同様です。

6.胸を開くストレッチ

胸を開く

イスに座り、背中ををまっすぐに伸ばし、頭の後ろで両手を組みます。背中を反らしながら左右の肘を後ろに動かし、胸を開きましょう。

5秒キープしたら戻します。5回繰り返しましょう。

頭で両手を押すイメージで、5秒程度かけて背中を反らします。

7.肩甲骨を開くストレッチ

肩甲骨開く

イスに座ったまま両手を組んで、腕で大きな円を作ります。この円ごと前に伸ばしていくように背中を丸めていきます。左右の肩甲骨が左右に離れていくイメージでキープしましょう。

20秒間キープしましょう。

最後に

背中のコリは首や腰の疲れとも繋がっています。ストレッチをするとガチガチの緊張が抜けて体が楽になります。ぜひ疲れのリセットにストレッチをしてみてください。

関連記事

この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. 寝ながらでもできる太ももを引き締めるトレーニング

  2. 左右の太ももの間にすき間をつくる内転筋トレーニング

  3. ランニング中に腰が痛くなってきた時の対処法

  4. ランニング後のクールダウンストレッチでじっくり伸ばして疲労回復