YouTubeチャンネルはこちら

施術でスッキリ楽しく幸せに

YouTube
Instagram
いつまでも元気に動ける体をつくる

高齢者のトレーニング 大きな歩幅で歩くために

歩幅を広げて歩くと、脚を踏み出すときや手を振るときに筋肉を使うため、血行が良くなって代謝アップにも繋がります。大きな歩幅で歩くポイントとなるのは、太ももの裏側にある筋肉ハムストリングス、大腰筋、大腿四頭筋です。これらの筋肉を強くすると歩幅が大きくなるだけでなく、スピードもアップし、ふらつきが少なくなりなります。

YouTube動画はこちらから

グッドモーニング

グッドモーニング

足は肩幅より広めに開き、つま先と膝を正面に向け、手は腰に添えましょう。この時、ほんの少し両膝を曲げておきます。

グッドモーニング2

お尻を後方に引くようにしながら上体を前へ倒します。背中を丸めず、45度前後まで倒して戻ります。

10回2セット繰り返しましょう。

ニーアップ

ニーアップ

イスの横に立ち、片手をイスの背もたれに添えます。

片方の足を胸に近づけるイメージで高く上げ、支える足はまっすぐにしましょう。

足を上げきったら元に戻し、繰り返します。

10回繰り返したら反対の足も同様に。2セット繰り返しましょう。

レッグエクステンション

レッグエクステンション

イスに座り両手で両端をつかみます。背中をまっすぐに伸ばして、右足から膝をまっすぐ前に伸ばしましょう。この時膝を伸ばしたまま1秒程度静止します。次に左と交互に行います。

交互で1回として10回、2セット行いましょう。

スクワット

スクワット

イスに座った状態で胸で手を組みます。背中をまっすぐにして上体を45度に傾けます。

スクワット2

次にかかとに力を入れ立ち上がりましょう。
立ち上がったらまた座ります。座るときはドスンとならないようにゆっくりを意識してください。

10回、2セット繰り返しましょう。

最後に

いつもの歩幅より10㎝大きくなるとただのウォーキングでも、足を大きく蹴り出したり、腕を大きく振ったりすることで筋肉を普段より多く使えます。いつもより多くの筋肉を使うため、全身の筋力向上につながります。さらに血流が良くなり、基礎代謝アップにつながります。
今回のトレーニングで足の筋力を強くして自然と大きな歩幅が出るように継続してくださいね。

橋本治彦

橋本治彦

痛みとケア、首・肩・腰・膝のことならおまかせください 関節・筋肉のスペシャリストとして機能の回復のための施術をいたします辛い痛みから解放されたい、いつまでも元気に歩きたい、一日も早く回復したい 患者様のお気持ちや要望は様々です。 ご希望や辛いこと、痛みなどの不安をどうぞ遠慮なく申して下さい 前向きに解消できるように、その悩みに対して効果的な施術を行っております。 皆さまの健康維持のお手伝いをいたします

コメント

この記事へのコメントはありません。

関連記事

PAGE TOP