YouTubeチャンネルはこちら

筋肉・関節の痛みを解消します

YouTube
Instagram
バランスボール・ミニボール運動

まだまだ活用できるバランスボール!手軽にストレッチ

バランスボールといえば体幹を鍛えたり、筋力トレーニングやバランス力アップに使われる方が多いですが、ストレッチの道具としても有効に使えます。ボールに体を預けてゴロゴロしたり脚や腕を乗せて気軽にストレッチできますよ!

バランスボールで手軽にストレッチ⑤体側面のストレッチ

YouTube動画はこちらから

準備運動 バウンス

準備運動

バランスボールに座り背中を伸ばします。手は太ももの上に添えましょう。全身の力を抜いて、上下にリズムよく弾みましょう。

20回繰り返しましょう。

バウンス

次に両手を横に広げ、バランスをとりながら弾みましょう。

20回繰り返しましょう。

背中のストレッチ

背中

ボールにお腹を乗せ、両手を組んでボールを抱え込みましょう。だら~っと力を抜きましょう。

20秒間キープしましょう。

次に前後に10回、左右に10回揺らしましょう。

肩のストレッチ

肩

膝立ちになって両手をバランスボールに乗せ、上体を倒して、ボールを前方に。腕が伸びきったら力を抜いてキープしましょう。

20秒間キープします。

次に左右に10回転がしましょう。

お腹のストレッチ

お腹

背中をボールの上に乗せましょう。腕は頭の上にだらっと伸ばします。

気持ちの良いところで20秒間伸ばしましょう。

次に膝の曲げ伸ばしを使ってボールを転がしながら腹部を伸ばします。10回動かしましょう。

体側面のストレッチ

側面

バランスボールの横に膝立ちになります。右腕でボールを抱え、体をボールの上に乗せます。左足でバランスをとってください。左腕を頭の方向に伸ばしましょう。

20秒間キープしましょう。反対側も同様です。

腕のストレッチ

腕

片手をバランスボールの上に乗せて、両膝と反対の手を床につけて肩を床に近づけます。

20秒間キープしましょう。反対の腕も同様です。

肩から腕のストレッチ

肩から腕

膝立ちになり、左腕をボールに乗せ、右手で左の手首をつかみましょう。

20秒間キープしましょう。反対の腕も同様です。

腕背面のストレッチ

腕背面

膝立ちになり、左肘をボールに乗せ、頭の後ろで両手を合わせましょう。

20秒間キープしましょう。反対の腕も同様です

脚前面のストレッチ

足前面

足を前後に開き、後ろの脚をボールに乗せます。前脚の膝を曲げ両手を添えましょう。乗せた脚を後方に引くように伸ばしましょう。

20秒間キープしましょう。反対の脚も同様です。

脚後面のストレッチ

足後面

バランスボールの上に座ります。上体を片足の方に倒して、手で足先をつかみましょう。

20秒間キープしましょう。反対の足も同様に。

最後に

バランスボールはすでに飽きた、あるいは使い方がよく分からず、放置している。という方は多いです。でもこうやって気楽に寝転がったり、手足を乗せたりするだけで簡単に難しい箇所でもストレッチできます。しかもボールに座ったり、寝転がるだけでもインナーマッスルは鍛えられます。つまり日常の動作がスムーズに動かせる体になるという事です。使わないともったいないですね!

橋本治彦

橋本治彦

痛みとケア、首・肩・腰・膝のことならおまかせください 関節・筋肉のスペシャリストとして機能の回復のための施術をいたします辛い痛みから解放されたい、いつまでも元気に歩きたい、一日も早く回復したい 患者様のお気持ちや要望は様々です。 ご希望や辛いこと、痛みなどの不安をどうぞ遠慮なく申して下さい 前向きに解消できるように、その悩みに対して効果的な施術を行っております。 皆さまの健康維持のお手伝いをいたします

コメント

この記事へのコメントはありません。

関連記事

PAGE TOP