お灸

はじめてのお灸〜まずは試してみよう〜

はじめてのお灸〜まずは試してみよう〜はじめてのお灸

お灸はその温熱で、体に360箇所以上あるツボをあたためて血行をよくし、人間の体本来の自然治癒力を高める施術です。また、原料のもぐさ(乾燥したよもぎ)は抗酸化作用があり、お灸の熱によって皮膚に浸透するため、免疫の向上も期待できます。

初心者には「台座タイプ」をオススメします。小さな台の上に「もぐさ」が乗せてあるので安定感があり、とても使いやすいんです。また、台座はもぐさと皮膚との間に空間を作り、熱をコントロールする役目もあります。

用意するのはペン、ライター、市販のお灸、灰皿です。ツボにペンで印をつけてから、お灸を取り出し、利き手ではないほうの指で台座をつまみ、ライターで火をつけてからツボにすえましょう。お灸からじんわりとした温かさが感じられます。心地よい熱さからヒリヒリするような熱に感じたら、すぐに取り除いて灰皿に入れてください。

燃え尽きても熱さを感じなかったら、熱く感じるまで、一つのツボに1〜3個を目安にすえていきましょう。一度にすえる数は初心者なら2個ぐらいにしておきましょう。たくさんつけすぎると慌ててしまった時、危険です。

お灸の後、すぐにお風呂に入ったり、温めると赤くなったり水ぶくれができることがあるので注意が必要です。2時間ほど開けておいてください。