すね

シンスプリント予防のストレッチ

シンスプリント

シンスプリント予防のストレッチ

シンスプリントは疲労性骨膜炎とも言われるランニングによって多く発生するスポーツ障害です。
スネの内側、下部に痛みが現れ、足首を蹴る動作をする筋肉が長時間繰り返し引っ張られ骨膜に炎症を起こした状態になります。
初期には運動中や運動後の違和感だけですが、重度になると日常生活やじっとしていても痛いなどの症状が出てきます。
痛みが強い期間は運動を完全に休止させる必要があるので、悪化する前にケアをしておきましょう。
また、足部の回内を軽減するテーピングなども軽度の場合効果的です。
スネの骨膜に影響を与えやすい筋肉はヒラメ筋、後脛骨筋などふくらはぎの筋肉が大きく関与しています。また前脛骨筋をほぐしておくと痛みの軽減にもなるのでストレッチは大切です。