おすすめ動画

テニス肘(上腕骨外側上顆炎)になった時しておきたいエクササイズ

テニス肘(上腕骨外側上顆炎)になった時しておきたいエクササイズ

テニス肘

テニスをしたこともないのにテニス肘。テニス肘になった方の多くはテニスではなく手の使い過ぎで発症しています。予防、痛みの改善のエクササイズ試してください。ただし、強くやりすぎないように、痛みが出ない範囲の強さでしてくださいね。

上腕骨外側上顆炎とは、肘の外側に痛みが現れる症状で、テニスなどのスポーツで痛みをおこす疾患であることから、「テニス肘」と呼ばれています。
スポーツをしていなくても、ものを持ち上げたり、手を使ったりする動作を繰り返すことを原因として発症します。
放置しておくと痛みも強くなり、日常生活に大きく支障をきたします
上腕骨外側上顆炎の治療は、局所の安静を図ったり、ストレッチを行ったりする保存的療法が中心になります。しかし症状の進行が強い場合には、手術療法が選択されることもあります。
症状がひどくなる前にエクササイズで改善させましょう!