1. LINE予約

    LINEで簡単予約

  2. 料金

    施術料金の目安

  3. 施術について

    痛みのない生活へ

  4. 地図・受付時間

    橋本接骨院の地図情報

おすすめ動画

ドゥケルバン腱鞘炎、ばね指〜改善するセルフケア〜

前腕屈筋ストレッチ

ドゥケルバン腱鞘炎、ばね指〜改善するセルフケア〜

親指や手首が痛む腱鞘炎のストレッチ

腱鞘炎とは

手を広げる、物を持つ、握る、こんな時に指の付け根や手首が痛くないですか?

手首や指の付け根が痛んだり、腫れたりしていませんか?

腱鞘炎はパソコンや家事、手を使う仕事で反復する指の動きが負担となります。

また、女性に多く、妊娠前後や更年期でホルモンバランスが崩れると発症しやすくなります。

指を曲げ伸ばしする腱と腱鞘というそれを覆うトンネルが手のひらや手首の親指側にあり、腱と腱鞘が指を曲げ伸ばしする時に擦れ、繰り返されることにより摩擦で炎症を起こしてしまいます。

2つの腱鞘炎

ドゥケルバン腱鞘炎(ドゥケルバン病)

手首の親指側に「長母指外転筋腱」と「短母指伸筋腱」の2つの腱があります。

この腱の腱鞘部分で起こるのがドゥケルバン腱鞘炎です。

ドケルバン腱鞘炎を簡単に見つける方法があります。

親指を握り込んで手をグーにして、小指側に手首を曲げると痛みが出ます。

これはフィンケルシュタインテストとうドゥケルバン腱鞘炎のテスト方法です。

気になる方はやってみてくださいね!

弾発指(ばね指)

指の付け根がスムーズに動かない、引っかかる。

ひどくなると指を曲げれない、伸ばせない、伸ばす時にバチッと弾ける。

これは繰り返された腱と腱鞘の摩擦で組織が太くなったり、腱鞘の中が狭くなっているためです。

無理に動かすと強い痛みが出ます。

どちらもひどくなると治りにくいばかりか、手術の適応になります。

腱鞘炎は初期段階のうちにテーピング、ストレッチなどのケアをすれば改善も早いです。