ランナーの膝

ランナー膝のケア

ランナー膝

ランナー膝のケア

ランナー膝(腸脛靭帯炎)は、太ももから膝の外側を支えている腸脛靭帯が、太ももの骨(大腿骨)の外側にある大腿骨外側上顆という突起でこすれ合い、起こす炎症です。一度炎症を起こすとしばらくの期間は腸脛靭帯が腫れ上がっているので膝を曲げ伸ばしするたびに痛みが起きます。
ランナー膝はオーバーユース(使いすぎ)が原因なので、基本的にはランニングなど負荷のかかることは炎症が鎮まるまで休めましょう。
回復期に入ったらこのエクササイズを行い、様子を見ながらランニングを再開してくださいね。
また、膝の外側の骨と靭帯が擦れが原因の症状なので、O脚の人はより発症しやすくなります。