ランナーの膝

ランナー膝を予防する臀筋エクササイズ

ランナー膝の予防

ランナー膝を予防する臀筋エクササイズ

ランナーの方なら大多数の方に起こる痛み・・・といえば「ランナー膝」ですよね。ランナーズニーとも言われていますが、正確には腸脛靭帯炎という病名です。「いちど痛みが出るとなかなか良くならない」「どんどん悪くなる」よく言われています。

痛いところをグリグリマッサージしても効果はありません。それは膝が悪いからではないからです。

この腸脛靭帯を引っ張っているのはお尻の筋肉です。大臀筋と大腿筋膜張筋が連結して繋がっています。そしてこの筋肉が硬くなると過度にひっぱられ、腸脛靭帯と骨が摩擦を起こして痛みが出ます。お尻の筋肉には他にも大切な筋肉があります。それは中臀筋と小臀筋です。脚を横に広げ、片脚で立つのに必要な中臀筋。それをサポートする小臀筋。お尻の筋肉はランニングの際に脚がぶれないようにするためにも大切です。

「走りたいけど走れない」そんな歯がゆい思いをしている方も多いでしょう。まずはお尻のエクササイズで筋力を高めて、臀筋の柔軟性を回復させましょう。