ランニングフォーム

ランニング初心者はラクな姿勢で走ってはいけない

楽な姿勢

ランニング初心者はラクな姿勢で走ってはいけない

これからランニングを始める方、運動不足を解消するために走ってみようかな、ダイエットに有酸素運動にはしってみよう。走り始める理由は様々ですよね。
でもなにか運動を始めるのに、始めやすいのはランニングでしょう。
ランニングシューズさえあれば、特別な道具やウェアもいらないし、だれでも気軽に走れます。これまで走ったことがないという人はまずいないし、走り方を教わりながら走る方もいないでしょう。

しかし、だれでも気軽に、教わることなく走れるというところに落とし穴があります。つまり、これからランニングを習慣づけようとする方ほど間違った姿勢で走ることになりやすいです。
人間の身体は絶えず重力をうけています。長い時間になるほど重力の影響を受けて体はラクな姿勢をとろうとします。つまり、背中は丸くなり、猫背の姿勢になり、腹筋も働きにくくなります。そうなると脚が前に出にくくなり、膝も曲がらないので、体に推進力がかからず、地面からの衝撃をまともに受けてしまいます。

ランニングを習慣にするため、「最初は何も考えずにとにかく走れ!」「まずは走ることから始めろ!」などということをよく聞きますが、ケガや故障に悩まないためにも、初心者ほど姿勢を意識して走ってください。

まずは正しい姿勢、これはランニングフォームでなく、日常での正しい姿勢を習慣づけておかないと、走り出してつかれてくるとたちまちフォームが崩れることになります。