ロコモティブシンドロームを予防するエクササイズ

ロコモ

ロコモティブシンドロームを予防するエクササイズ

昔から「老化は脚から」とよく言われます。
人間の下半身には全身の60パーセントの筋肉が集まっています。下半身には筋肉が多い分だけ、年齢による筋肉の減少は下半身から始まります。
立ち仕事をしたり、外出が辛くなっていませんか?
さらに、足腰の筋肉の衰えはロコモティブシンドロームの原因になります。

ロコモティブシンドロームとは運動器症候群とも言われ、骨や関節、筋肉など運動器の衰えが原因で、「立つ」「歩く」といった機能が低下している状態のことをいいます。
生活が車やエレベーターなどで便利になり、足腰を使うことが少なくなった現代人にとっては老人だけでなく全ての世代の方々に注意が必要です。

今回のエクササイズは20回ずつ行っていますが、年齢、体力に合わせて5〜10回の少ない回数から始めても構いません。まずはエクササイズの習慣をつけましょう。