姿勢

下腹がぽっこりで出っ尻になる反り腰を改善するエクササイズ

反り腰

下腹がぽっこりで出っ尻になる反り腰を改善するエクササイズ

猫背とは逆に腰を反らした状態になる反り腰。反り腰になると下半身の筋力が弱く、骨盤が前に傾き、下腹がぽっこり前に出て、出っ尻の姿勢となってしまいます。
壁を背にして立ち、かかとから頭を壁につけた時、腰と壁の隙間に握りこぶしが余裕で入ると反り腰と言えます。
反り腰になると骨盤が過度に前に傾くため、立っている姿勢が続くとお腹を覆う腹筋の力が抜け、下腹がぽっこりしてしまいます。
反り腰を改善するエクササイズで、骨盤周りの筋肉を強くすることが大切です。