トレーニングランナーのトレーニング

内転筋群トレーニングで走りを安定させる

内転筋群トレーニングで走りを安定させる

内転筋群トレーニング

内ももの筋肉は、おもに脚を閉じるような動作で使われます。日常生活では使われる機会が少ないため、筋力が弱く、脂肪がつきやすい部位です。 しかし、骨盤の安定させるのに必要な筋肉であり、内転筋群の力が弱くなると、脚が外側に開きやすく、ランニング時の着地で上手く衝撃が吸収できなくなり、膝や股関節に負担がかかり骨盤の安定にも欠けます。