1. LINE予約

    LINEで簡単予約

  2. 料金

    施術料金の目安

  3. 施術について

    痛みのない生活へ

  4. 地図・受付時間

    橋本接骨院の地図情報

四十肩・五十肩の急性期を過ぎたら始めたい簡単エクササイズ

四十肩・五十肩の急性期を過ぎたら始めたい簡単エクササイズ

四十肩・五十肩の急性期を過ぎたら始めたい簡単エクササイズ

四十肩、五十肩は、その名の通り40代で症状が出れば四十肩、50代で症状が出れば五十肩と呼んでおり、呼び方の違いだけで同じものです。 四十肩、五十肩は老化などにより、肩関節をとりまく関節包や腱板に炎症が起こる事で痛みが生じると言われています。その為年齢の若い方より、中年以降に発症する事が多いのです。

肩の関節には袋があり、関節包と呼ばれますが、この関節包という袋に炎症が起きてしまうことで痛みが出て、さらに炎症によって袋が固くなり肩が極端に動きにくくなってしまうのが五十肩という病気です。 肩の関節にある「腱板」という組織が炎症を引き起こし「関節包」に広がる事で起こります。これは老化に伴い、筋肉や腱の柔軟性が失われスムーズに動かなくなるからと言われていますが、実際のところ原因ははっきりしていません。

転倒したり、肩をぶつけたわけでもないのに「なんとなく肩がおかしい」程度から痛みが発生し、その後数週間から数か月かけてゆっくりと、人によっては急速に痛みが増します。
また、ちょっとした「肩をひねった」「肩をぶつけた」ことがきっかけで発症する人もあります。
進行すると「少し動かすだけでも痛い」「夜寝ていて痛みで目が覚める」「寝返りがうてない」などの強い症状になります。人によっては痛くてほとんど寝れない、という状態が数か月から1年以上続くこともあります。
この五十肩が進行すると関節包が線維化して固くなります。こうなると肩の動かせる範囲が著しく狭くなります。このために、つり革を持てない、エプロンの紐を結べない、顔を洗う動作ができない、など多くの症状を呈し、著しく生活の質が低下します。

五十肩になると痛みのため、腕を動かすことをしたくなくなります。しかし、腕を動かさないままにしておくと関節の袋までが固く繊維化してしまい、動かせるまで長期になります。
痛みが強い時期、つまり急性期は無理に動かす必要はありません。まず何よりも早く痛みを治すことが大切です。
そして激しい痛みが和らいだなら、早い時期に負担のない範囲で自分で肩を動かせるようにエクササイズすることが大切です。