股関節

変形性股関節症で低下した筋肉を回復させるエクササイズ

変形性股関節症のエクササイズ

変形性股関節症で低下した筋肉を回復させるエクササイズ

股関節の構造はお椀の中にボールが入っているような形をしています。そしてこのお椀の形は人によって様々です。
変形性股関節症の患者さんの大部分は生まれつき、このお椀の形が小さいです。そのため、関節の中で安定しにくい状態になります。それを安定させるのが筋肉です。
しかし、年齢とともに筋力が衰えてくるとボールがお椀からこぼれそうになり、関節にズレが生じます。そうなると関節の痛みが起き、痛みをかばうために筋力がさらに低下するという悪循環になります。

股関節の炎症が落ち着いたら、関節の可動域を広げるストレッチと合わせて、早期にエクササイズを開始しましょう。
今回のエクササイズは股関節が痛くて、普段運動してこなかった方向けの最低限の運動です。この運動に慣れてきたら股関節周囲の筋肉をさらに鍛えるために次回紹介するトレーニングも加えましょう。