股関節

変形性股関節症で固くなった股関節を大きく伸ばすストレッチ

変形性股関節症

変形性股関節症で固くなった股関節を大きく伸ばすストレッチ

変形性股関節症では、変形が進行させないためにもストレッチで関節周囲の筋肉を柔らかくしておくことが大切です。ストレッチすることにより筋肉の緊張を和らげ、関節内部の循環も活発にします。
股関節の外側は筋肉で覆われ、関節がズレたり、動きを足に伝える働きをします。ストレッチすることでこれらの筋肉の働きを呼び戻しましょう。
今回のストレッチはベッドの端を利用して、自分の脚の重みで、無理なく筋肉を大きく伸ばします。ただし、痛みの強い方は痛みが出ない範囲だけで動かしてください。